読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

虫画像なし*早くもヒメアリの襲来、アリメツで対策。

こんばんは、ヤマネコです。

4月に入り、ポカポカが心地いいなあと思い始めた途端、今年も遭遇してしまいました。ヒメアリです。

f:id:nekohaus:20170411211522j:plain

家の中で見つけてしまう虫には数種類心当たりがあるのですが、その一種が、わが家の場合はヒメアリでした。


ヒメアリというのはその名のとおりアリなのですが、2mmほどの小ぶりな種類。虫の苦手な私も単体で見ればそんなに「怖い」とは思わないのですが、来るときは大群をなして来るのです…それが怖い。そのため一匹でも見つけてしまったら即座に対策!そうしないと大変なことになる、というのを何度も経験してきました。

そのヒメアリを、今年も家の中で見てしまったのです。今年はいつもと場所が違って、なんと玄関から。慌てて対策を始めました。


アリ対策は、もう長いことずっと「アリメツ」。

使用方法は、専用のトレイに蜜(毒入り…)を注ぎ、アリの通り道に設置するだけ。群がったアリを見るのがやや気持ち悪いのですが、その蜜を働きアリが巣に持ち帰り、そこで一掃されるという仕組みの置き餌タイプの駆除剤です。


使用期限があるのかも…と思いつつも、ひとまず以前の残りを使うことにしたのですが、実は最初に付属していたトレイがもうありません。

セットになっていたトレイはプラスチック製で、洗って使いまわすことも可能だったのですが、昨年は処分してしまいました。そこで今年試してみたのが「ストロー」です。

f:id:nekohaus:20170411211516j:plain

何の変哲もない、100円ショップで100本入りくらいで売られているストロー。私は自宅でもよく使うためストックを持っており、それを利用しました。

f:id:nekohaus:20170411211518j:plain

まずはストローに、少量の蜜を注ぎ込みます。

このとき角度と量に注意すれば、蜜は途中で止まりました。反対側の先端を塞ぎながら扱うと、より安心かもしれません。

f:id:nekohaus:20170411211519j:plain

そのあと片方の端を軽く折り、テープで留めます。

f:id:nekohaus:20170411211517j:plain

これで準備完了。設置するのは、玄関のこの場所。

f:id:nekohaus:20170411211520j:plain

上がり框と同じ高さの、玄関巾木というのでしょうか…ヒメアリが歩いていた場所に、このストローを置きました。

f:id:nekohaus:20170411211521j:plain

今回はブログ用写真を撮るためオレンジのテープを使いましたが、本当なら透明か白いテープを使えば目立ちにくくなるかなと。

この状態で、およそ一週間ほど過ごしました。


以降は撮影していませんが、やはり即日ヒメアリが群がってきました。玄関なので急な来客があったらどうしようかと思いましたが、お客様の少ない家でよかったです…おそらくどなたのお目汚しもせずに済みました。

また初日の時点で、この「ストローを使う」という方法が成功したことは実感。あとはアリメツの効果ですが、これは不安なく。見かけてすぐ対策をしたこともあり、2~3日でヒメアリを見かけることはなくなりました。

今のところ他の場所でも大丈夫そうで、ホッとしています。


実はこのストローを使う方法は、だいぶ前から温めて(?)いたもの。トレイを処分したあとに「ラップ」を敷いてその上に蜜を垂らしたり、「プラスチックの小皿」を使ったりと色々考えてきたのですが、万が一猫の目に留まったら…ということを考えると、こういった形が安心なのかなと思ったのです。*1

アリ対策についてメールでご質問くださった方に「ストローを使う方法がありましてね…」と、試してもいないのに熱く回答してしまったことも。だから今年は絶対に試そう!と思っていました。

…もちろん、家の中でアリを見るという機会自体はないほうがありがたかったのですが、こうして試す機会が得られてよかったと思います。

そんなわけで昨年、私の対策妄想におつきあいくださったTさま、なんとか成功しましたことをここにご報告いたします。


家の中で虫を見つけたとき、どうしても放置はしておけず、多くの場合は巣ごと全滅させてしまう対策をとるのが当たり前の暮らしになりました。そうしておかないと安心して生活することができないからです。

その代わり…ではないけれど、外で見つけた虫は(実害がなければ)できるだけ殺さないように、あまり多くはない「私にできること」を時々考えてしまいます。


関連記事。

※アリメツの出番、2016。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20170411211523j:plain

モフモフの中のモフモフ、という子が…今年もまた、はげました。

f:id:nekohaus:20170411211515j:plain

彼はブラッシング大好き。でもさすがにやりすぎだと思い催促されても断っていたら、自分でペロペロペロペロ…した結果、こう。皮膚病などはないらしいのですが、加減を知らないあたり、確実に私似です。

*1:今のところ、わが家のヒメアリ出没場所は猫スペースではないため基本的には隔離しておけるのですが、どうしても万が一のことを考えてしまいます。