読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

紫外線対策に買ったもの、今年も買わないもの。

こんばんは、ヤマネコです。

以前は毎年「日焼け止めクリーム」を買っていたのですが、ここ数年は買うことなく過ごしています。

f:id:nekohaus:20170210193537j:plain

代わりにしているのが、マスクです。


もともと日焼け止めクリームが苦手でした。

  1. 使用感が苦手
  2. 毎日/数時間ごとに塗るのが面倒
  3. 猫が舐めても大丈夫か?が不安
  4. …などを理由にワンシーズンで一瓶使い切れない

そんな言い訳をしながら若い頃は大した対策もせずに過ごし、後で悔やむことになったのは言うまでもありません。

愚かな経験も積んだ上でようやく改めて考え始めたものの、クリームなどを使う「四つのデメリット」は今も私にとって高いハードル。これなら塗りやすい!肌に合う!というものを見つけても、ちょっとずつ面倒になっていくんです…。


そこで取り入れたのが、物理的に紫外線をシャットアウトする方法。

現在は、帽子、マスク、日傘、アームカバーを含む衣類などを活用しており、更にサングラスもほしいと思っているところ。全部装着したら怪しいことこの上ないのですが、やり過ぎ感が出ないよう組み合わせを考えながら使っています。

その中のUVカットマスクは、二年ほど前に買ったもの。

f:id:nekohaus:20170210193531j:plain

黒いほうです(白いのは麻のおやすみマスク)。かなり活用と洗濯を繰り返した結果、生地もゴムも少し消耗してきたかなと感じたため今年は新調することにしました。

(ゴムは伸びたというより、洗濯の摩擦でちょっとほつれてきました)


最初は同じものを買いなおすつもりでしたが、完全遮光の製品を見つけたので今年はその「ロサブラン」のマスクを試してみることに。

普通郵便で届いたこちらは、デザイン的にはプリーツタイプの普通のマスク。使い捨てと比べれば厚みはありますが、お値段の割に(ごめんなさい)見た目やデザインは一般的なマスクそのものでした。

f:id:nekohaus:20170210193539j:plain

でも感触も縫製もしっかりしているし、ゴム(柔らかい平ゴム)はアジャスター付きでサイズ調整も簡単。

f:id:nekohaus:20170210193532j:plain

室内・就寝時に愛用している麻のマスクは自分で結んで調節するタイプでした。一度留めてしまえば不便はないし、ゴムと違って劣化しにくいと思うのですが、最初の調整にちょっとだけ手間取ったので、今回のアジャスター付きがすごく画期的に思えます。

そして表地が、完全遮光(日本製一級遮光)生地。率直な感想を言ってしまうと、薄手の遮光カーテンのような感触です。

f:id:nekohaus:20170210193538j:plain

でも裏地はコットンで当て布も一枚付属(裏・当て布ともにホワイト)、着けている間はほとんど気にならないかなと。


そして着けてみました。

女性用として推奨されていたのはMサイズだったのでそちらを買ったものの、かなり幅広!

f:id:nekohaus:20170210193540j:plain
※余談ですが、髪は「かんざし」アレンジを継続中です。

私の鼻が低いせいか、あご下まで完全ガード。*1

でもこのマスクの主な用途は花粉予防やウイルス対策というわけではなく、完全遮光の「紫外線防止」。このくらいしっかり覆われていることに安心感を覚えました。

もちろん、花粉が顔につくことは多少は防いでくれますし、表面はその花粉や埃をはらいやすい素材だと思います。


またマイナスポイントの一つとして「生地に通気性がないこと」も、商品ページに明記されていました。完全遮光を優先すると、通気性を求めることはできないそう。

ただこのマスクは口・鼻の呼吸をガードするというよりも「紫外線から肌を守る(顔を覆う)」ことが目的で、私は「ほんの少しゆるめに」着けていることもあり、いい意味で周囲がスキマだらけ。2~3時間ほどこのまま外出してみましたが、レビューにあるほど息苦しさは感じませんでした。

真夏は蒸れそうかな?というのがちょっと心配ですが、今のところは紫外線対策のほうが優先。日傘や帽子と併用しながら検討していきます。


あとはやはり、色が穏やかになったことにホッとしました。

と言っても以前のUVカットマスクもホワイト系が選べたのですが、紫外線対策なら絶対に濃い色!という私の思い込みから黒を選んだ結果、完全に暴走しそうな風貌に…。そのため、実は黒いマスクの上に他のマスクを重ね着けすることもありました。

でもロサブランのマスクは「アイボリー」か「ベージュ」から選べる、奇抜さのないやさしいカラー。どちらを選んでも普段づかいに違和感は持たれないかなと思っています(お値段が変わりますが他の色柄もあり)。普段着・お出かけ服との兼ね合いも、今のところ気になりません。


効果を実感できるのはまだ先だと思いますが、手触りや装着感、大きさや生地からの安心感など、十分活躍してくれそうな予感。

もう一つマイナス点を言えば、お値段ですが(私の感覚でマスクに3000円は高い)…もしさほど傷みを感じないまま2~3年使えるのだとしたら、毎年日焼け止めクリームを買うのと大差ないくらいの感覚で受け止めることができそう。これも今後に期待です。

ジョギングするときはどうしよう?など今も色々なパターンに悩んでいますが、外出時間帯やアイテムを調整しながら、今年も自分にとって気持ちのいい方法で紫外線対策を続けていきます。


関連記事。

※昨年から愛用している、完全遮光生地の晴雨兼用傘。

※これまで使っていたUVカットマスク(暴走時代?の着画あり)。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20170210193528j:plain

うまく撮れなかったのですが…

f:id:nekohaus:20170210193529j:plain

最近、猫たちの被毛がつやっつや。感触もたまりません。

f:id:nekohaus:20170210193542j:plain

いいもの食べてますからね(たぶん)。

*1:今、商品ページを再見して気がつきましたが、本来プリーツはこんなに伸ばさずに装着するものかもしれません。