読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

年始の本棚見直し、買取り査定前にしていること。

もの・こと もの・こと-手放したもの

こんばんは、ヤマネコです。

年末年始、仕事以外に一番時間を使ったのは「読書」でした。そこで年明けは書籍整理から始めることに。

f:id:nekohaus:20170103211840j:plain
※本が積んである、ように見せかけたチョコレートの山。

私にとって、先月は現実逃避しつつの読書月間でした。たくさんの本を買ってひたすら読んでいたのですが、そろそろ「残すもの」と「手放すもの」の分類をしようと動き出しました。


本を整理するときの分類は…

  1. 残す…未読・再読予定がある・再入手が難しい
  2. 譲る…必要そうな人に心当たりがある(同業者など)
  3. 売る…しばらく読まない・再入手が容易・電子書籍版がある

基本はこの三択で、できるだけ循環させるようにしています。


それから最近「電子書籍版を買いなおす」という(1番でもあり3番でもある)選択肢も取り入れています。

わざわざ買いなおさなくてもデータ化させる方法はあるのですが…色々思うところあり、手元にある古書は別の方法で手放して、新たに電子版を購入しなおすようになりました。本を売る行為は著者への印税を減らすことにもなるので、そのお詫びに…という気持ちも少しだけ。


そんな書籍整理、今回「売る本」を本棚から抜き出していくと、大きめのダンボール二箱分になりそうでした。駿河屋で検索してみたら*1買い取っていただけそうな本が多かったので、お願いしてみる予定です。

そしてその前に…

f:id:nekohaus:20170103211355j:plain

これは古い漫画本。私の蔵書は大抵カバーをしているのですが、これは家族の所有品。私も何度か読ませてもらいましたが、ちょっと汚れがひどかったので…

f:id:nekohaus:20170103211356j:plain

一冊ずつマイクロファイバークロスで拭きました。査定額に影響するかも…という期待もあるのですが、長らく楽しませてもらえたお礼も兼ねてのひと手間です。

f:id:nekohaus:20170103211354j:plain

あとは大型本を下に、小さな本や柔らかい紙質のものを上に、できる範囲で配慮しながら層にしていくだけ。


駿河屋の買取サービスは何度か利用しています。

通常なら「身分証」の提示は初回利用時のみで今回はもう必要ないはずなのですが、最近登録内容を少し変更したため再提出が必要になりました。しかも近々、似たようなことがありそうなので(違う買取業者でも登録内容の変更をする予定なので)…

f:id:nekohaus:20170103211353j:plain
※一応持っているゴールド免許(ペーパードライバー)。

使い切れそうな分だけプリントアウトしておきました。


駿河屋も含め、身分証は画像アップロードで済む場合もあるのですが、業者によって作業を変えるのが面倒なので、「まとめて書類を用意して、同じように(品物と一緒に)送ってしまう」というほうが私には少し気楽でした。

書類の用意が一つ済ませてあるので、持ち物整理(買取依頼)もちょっとだけサクサク進みそう。


本当は年末に全部整理してしまうことも考えたのですが、年末年始の運送業界の多忙さに配慮して、年明けにゆっくり見直し始めました。せめて松の内が明けてから買取りを申し込もうかなと思っています。


ちなみに本が減るたび、ちらほら不要になるのがブックスタンド。

f:id:nekohaus:20170103211348j:plain

これは何年も前に100円ショップで買ったもの。

f:id:nekohaus:20170103211349j:plain

現在はストックのタオルを支えるアイテムになっています。冷蔵庫内の仕切りなど収納グッズとして使えるので、今のところ処分することなく色々な場面で再活躍しています。


関連記事。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20170103211350j:plain

猫たちがご執心だったのは、私が広げた梱包材。大きな紙です。

f:id:nekohaus:20170103211351j:plain

通販でいただける梱包材で、比較的キレイなものを買取り用の梱包作業で再利用しています。

f:id:nekohaus:20170103211352j:plain

猫たちのおもちゃにも、再利用…。

*1:買い取ってもらいたい本を送る前に、自分で一冊ずつ検索して金額が確認できるサービス。あんしん買取なら、事前申し込みで査定額もほぼ確定します。