ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ネタバレ*ルピシア福袋2017冬(竹2)

こんばんは、ヤマネコです。

今年もルピシアの冬福袋が届きました。二種類注文していたので、昨日、今日と連日でレポしています。

f:id:nekohaus:20161223194701j:plain

ルピシアの福袋(全18種)

今回注文したのは二種類。昨日は「梅14」のレポをしたのですが、後半の本日は「竹2(ノンフレーバード)」の内容をまとめさせてください。

尚、通販分のリーフタイプ*1は既に販売終了しており(ティーバッグはまだ在庫があるようです)、2017年元日から店頭販売がスタートします。

www.lupicia.com


ルピシア福袋2017冬・竹2

  • ノンフレーバード
  • 福袋の価格は、5400円(内容は約10800円相当)。
  • 選べるオマケは三種類。
中身は12種のリーフ

f:id:nekohaus:20161223194704j:plain

  1. UVA QUALITY 2016(ウバクオリティー)-630円/50g
  2. UNION JACK(ユニオンジャック)-650円/50g ミルクティ向き
  3. SILONIBARI, BPS(CTC)(シロニバリ)-500円/50g ミルクティ向き
  4. AFTERNOON TEA(アフタヌーンティー)-560円/50g ミルクティ向き
  5. NILGIRI, BOP(ニルギリ・ブロークン)-540円/50g
  6. TEA BREAK(ティーブレイク)-500円/50g
  7. 祁門紅茶特級(キームンコウチャトッキュウ)-670円/50g
  8. THE AU LAIT(テ・オ・レ)-550円/50g ミルクティ向き
  9. DARJEELING THE AUTUMNAL(ダージリン・ザ オータムナル)-720円/50g ミルクティ向き
  10. AVONGROVE, FTGFOP1 2016-DJ66(アボングローブ)-2380円/50g
  11. THURBO, FTGFOP1 2016-DJ65(タルボ)-2480円/50g
  12. PURE DARJEELING BLEND "MAGNOLIA" 2016(ピュアダージリンブレンド"マグノリア")-1850円/25g
オマケ(ティーバッグ15種)

松・竹セットに限り、選べるオマケがつきます。

  1. ティーバッグ15種
  2. ティーキャディーとドザール
  3. ハンディークーラー

この三種の中から、私は「ティーバッグ15種」を選びました。

f:id:nekohaus:20161223194702j:plain

  1. DARJEELING THE FIRST FLUSH(ダージリン・ザ ファーストフラッシュ)
  2. AFTERNOON TEA(アフタヌーンティー) ミルクティ向き
  3. LA BELLE EPOQUE(ベルエポック) ミルクティ向き
  4. UNION JACK(ユニオンジャック) ミルクティ向き
  5. EARL GREY(アールグレイ) ミルクティ向き
  6. COOKIE(クッキー) ミルクティ向き
  7. ORANGE&GINGER(オレンジ&ジンジャー) ミルクティ向き
  8. ROSE ROYAL(ロゼ ロワイヤル)
  9. 知覧ゆたかみどり(チランユタカミドリ)
  10. 信楽熟成ほうじ茶(シガラキジュクセイホウジチャ)
  11. GRAPEFRUIT(グレープフルーツ)
  12. 白桃烏龍極品(ハクトウウーロンゴクヒン)
  13. 抹茶黒豆玄米茶(マッチャクロマメゲンマイチャ)
  14. PICCOLO(ピッコロ) ミルクティ向き
  15. GINGER&LEMON MYRTLE(ジンジャー&レモンマートル)

毎年豪華な15杯分(個包装)。このままお年始にも使えそうです。

私はリーフティをポットで淹れる時間になんだかホッとするのですが、手間をかけずにササッと済ませたいときもあって、この個包装のオマケセットも重宝しました。

開封後(試飲前)の感想

ルピシアで取り扱う茶葉は期間限定品なども含めて400種以上とのことですが、福袋には「定番のお茶*2」がいくつかあるなと感じます。でも、それが不満というわけではありません。特に今回選んだのは「ノンフレーバード」なので、定番茶でも大満足。

また自分が味わったことのある茶葉であれば、友人へのプチギフトなどにも使いやすく、今回2セット購入したのは「自分で飲む以外の用途」も想定してのことでした。


セット内容の総額は?

計12袋(種類)、12030円分でした。

本来、10800円相当のはずですが大きく上回っていました。数年間遡ってみると…

  • 2014年冬(竹・フレーバード)…計14袋/10,425円分※消費税5%時
  • 2015年冬(竹・フレーバード)…計13袋/11,180円分
  • 2016年冬(竹・ノンフレーバード)…計12袋/11,490円分
  • 2017年冬(竹・ノンフレーバード)…計12袋/12,030円分

いずれも販売価格は5000円(税別)のセットなので、お得であることに疑いようはありません。

過去の福袋との内容比較

昨年(2016冬)との比較では、袋数には変化なし。「ウバクオリティー」「アフタヌーンティー」などが二年(冬)連続の顔ぶれでした。

f:id:nekohaus:20161223194703j:plain

ここ数年、「竹」セットには一袋2000円前後の高級茶が複数入っている確率が高く、見つけるたびにかなり興奮します。定番品にホッとしつつ、自分用にはなかなか手を出せない茶葉に胸が高鳴る。私にとってはこのドキドキが、福袋らしい楽しみと言えるかもしれません。

※過去のセット。


福袋を買う意味

不満は、そもそもありません。何が届いても嬉しいと思いながら注文しているので、「アタリ」という感覚も本当ならないはず。それでもなぜか心躍る、それが福袋の魅力なのかなと。

  • 必要な消耗品(飲食品)
  • コスト的なお得さ(ほぼ半額)
  • ドキドキする楽しみ

今のところお茶の福袋に関しては特にデメリットを感じないので、今後も定期的にお願いする予定です。


他のセット・福袋のネタバレ記事はこちらのテーマで。


その他、関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20161223194706j:plain

12月末とは思えないくらい、ポカポカな一日でした。

f:id:nekohaus:20161223194707j:plain

どれほど「私もリビングで転がっていたい」と思ったことか。

f:id:nekohaus:20161223194708j:plain

でも実際に転がらなくても…

f:id:nekohaus:20161223194705j:plain

しばし見つめるだけで癒される、猫は偉大な存在である。

*1:リーフ(梅なら170杯以上)とティーバッグ(梅なら80杯以上)のセットがそれぞれありました。

*2:数年おき、或いは毎年のように加わっている特定の茶葉。アフタヌーンティーなど。