読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

年末年始も感じつつ、白い庭づくりはつづく。

こんばんは、ヤマネコです。

季節ごとに少しずつ植物を増やしているのですが、この秋の新入りを記録させてください。

f:id:nekohaus:20161204195254j:plain

この花、今日まで名前がわからなかったのですが、デイジーでした。

f:id:nekohaus:20161204195253j:plain

雛菊(ひなぎく)とも呼ばれる花。デイジーは知っているつもりでしたが、私が思い描いていたより花弁が細く、花の名前を聞いてびっくり。

本来の花期は春のようですが、花がついたまま植えてもらえたのは10月頃。毎年咲いてくれる多年草ですが枯れてしまうことも多く、一年草扱いという情報もありました。花の後にタンポポのような綿毛ができて種も採取できるそうですが…このままうまく育ち続けてくれたらいいなと思っています。

今回、植え替えのときに虫がついてしまったようで、それを処置しながらの越冬になりそうです。


ほぼ同日に植えてもらったのが、スイートアリッサム。

f:id:nekohaus:20161204195252j:plain

種から育てるのが一般的で、苗だと根付きにくいというネット情報を見かけました…が、ひとまず定植。がんばってくれるといいな。

f:id:nekohaus:20161204195255j:plain

大きくて力強さを感じる花には元気をもらえる気がしますが、こうした可憐な花は眺めているだけでじんわり癒されます。

これも枯れやすさ(?)から一年草扱いになる場合もあるそうですが、種がこぼれて広がっていく…という話も聞いたので、期待の新星。


それから花はついていないのですが、こちらは桜草(さくらそう)。

f:id:nekohaus:20161204195258j:plain

ピンクのイメージが強かったのですが、私の厳しい要求(病害虫に比較的強い「白い花」)に、うちの家族は本気で取り組んでくれています。ありがたいし、ちょっと尊敬してしまいます…よく見つけてくるな、と。

更に、うっかり「雑草…?」と思ってしまった、姫スイセンの芽。

f:id:nekohaus:20161204213902j:plain

いずれも(おそらく白い)花が見られるのは来年以降。開花したらまたご報告させてください。


そして先日、雪に埋もれながらも咲いていたのが、夏から長く花期が続いているなでしこ。

f:id:nekohaus:20161204195256j:plain
※一ヶ月ほど前の写真。

さすがにもうそろそろ終わりかなとは思うのですが、今年は本当に楽しませてくれました。毎日用もないのに(?)ちょこちょこ庭に出る習慣ができたのは、この子のおかげ。

心配していたのは、同時期に隣に植えたりんどう。

f:id:nekohaus:20161204195245j:plain
※夏の撮影。

もともと太陽が出ているときにしか咲かない、という花。

f:id:nekohaus:20161204195247j:plain
※夏の撮影。

その分ふわっと開いているのを目にしたときには本当に興奮しました。できるだけ日当たりのよい場所には植えたので、あとは自然(天候)に任せて育てたい…一方で、もうちょっと何かできることがあればいいなと考えてしまいます。


それからちょこちょこ登場させている、クリスマスホーリー。

f:id:nekohaus:20161204195304j:plain

夏にちょっとずつ実がついて…

ほんのり色づいて…

雪の日も乗り越えて、真っ赤になりました。

この赤い実はわが家の殺風景な庭に毎年彩りを添えてくれる存在でした。そして今年はちょっとだけ育ちがよいので、クリスマス飾りへも分けていただこうかなと。そして残りは野鳥におすそ分け。無駄なく消費されていく予定です。


そういえば…

育ちすぎを心配していた、トウヒ(クリスマスツリーに使われる木)。

f:id:nekohaus:20161204195259j:plain

意外と育たず、ホッとしたりガッカリしたり。もしかしたら今年はオーナメントが必要かも…なんて皮算用をしていたのですが、まだまだでした。

とはいえ昨年より葉の茂りが一回り大きくなった印象なので、これからゆっくり育ってくれることを願っています。


裏庭の椿は終わりに近いのかな…と思っていたら、まったくそんなことはなく、どんどん花がついています。

f:id:nekohaus:20161204195249j:plain

花期はこれからだったんですね。記憶違いをしていました。

見回してみると紅白で、なんだかおめでたい庭になっているような…でも年末年始にはぴったりかもしれません。


暮らし始めて五年目にして、ようやく人が住んでいる家の庭らしくなってきました。

もともとはすごい荒れ地で、雑草も生えないような小石だらけの場所だったんです。それをなんとかしなければ!と一生懸命耕した結果、柔らかくなった土に勢いよく雑草がはびこって、一回絶望。

…という過去も経て、現在の庭があります。

f:id:nekohaus:20161204195250j:plain
※過去の庭を見ているような…デジャヴを感じた近くの空き地。

ただ新入りの植物たちは、今もまだなんとなく落ち着かないというか…ぽつぽつと植えられている「苗」の印象が抜けません。寄せ集め感というか、まだ少し、寂しさを感じる庭です。

それを少しずつ、明るくやさしい庭にしていきたい。家の中では収納にしても、床や壁にしても「余白」を大切にしたいと思っていますが、小さな花壇の植物たちには土の部分が見えないくらい、元気いっぱいに広がってほしい。

私自身がそんな風に考え始めたので、そのサポートができるようちょっとずつ学びながら、これからの成長も見守っていこうと思います。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20161204195301j:plain

昨日、別ブログ(猫どおり)も更新しました。

楽天利用をされる方で「ちょこっと寄付」にご興味のある方、よかったら覗いてみてください(現金募金ではありません)。