読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ハレタル掲載*マキタの掃除機、新パーツ交換後の感想。

おしらせ もの・こと もの・こと-使用後レポ 家事 家事-道具

こんばんは、ヤマネコです。

コラム執筆を続けているサイト「ハレタル」で、大掃除でもルーチンワークでも活躍する掃除機について書かせていただきました。

※掃除機メンテ中の汚い作業画像が含まれます。

f:id:nekohaus:20161112210820j:plain

愛用している掃除機は、マキタのハンディクリーナ。ハレタルで掲載していただいた記事には、その魅力をたっぷり詰め込んだつもりです。

haretal.jp

でも本当は、まだまだ書きたいことは溢れんばかり…掃除機にこんな熱い想いを持つ日が来るなんて、自分でも驚いています。


マキタの掃除機をアップデート

そんなコードレスタイプの掃除機ですが、コラムの中でも書いたとおり、ときどき部品のマイナーチェンジが行われます。それを今年の春に購入しなおし、交換していました。

現行品の場合、以下のパーツはすべて標準装備されているはずです。購入したのが最近(一年以内)であれば、パーツが旧型か新型かを確認してみてください。


紙パック式の新パーツ

f:id:nekohaus:20161112210827j:plain
※右(前面が黒いほう)が新しいバルブステー。

これは掃除機本体に紙パックを装着させるためのアタッチメント。

f:id:nekohaus:20161112210832j:plain

新しいものには黒いスポンジがつき紙パックとの隙間を埋めてくれるため、気密性がアップしたそう。

f:id:nekohaus:20161112210828j:plain

これを紙パックに取り付けると…

f:id:nekohaus:20161112210830j:plain

ぴったり密着。隙間ができません。

f:id:nekohaus:20161112210829j:plain

このおかげで奥のフィルターも汚れにくくなりました。ここも以前は気づくと白っぽく埃がついてしまう場所だったので、従来品のバルブステーだと微細なゴミが漏れていたんだな…と実感しています。

交換したほうがいい?

これは交換して損はないかなと思いました。

交換することで本体内部が汚れにくくなります。前述の黒いフィルターの更に奥(モーターや機械部分)に埃が入り込む心配も減らせますし、本体寿命を延ばすためにも、バルブステーについては私なら優先的に交換します。


カプセル式の新パーツ

f:id:nekohaus:20161112210821j:plain
※右が新しい高機能フィルター。

古いプレフィルターは、不織布とメッシュカバーとを二重にしてセットするタイプでした。

f:id:nekohaus:20161112210823j:plain

目詰まりするのでこまめに洗って(どちらも丸洗いできます)使っていたのですが、私が一番困っていたのは、メッシュカバーに猫の毛が突き刺さること…。

f:id:nekohaus:20161112210824j:plain

「キレイに突き刺さってるな…」と初めて見たときは笑ってしまったのですが、日常茶飯事となると悩みの種でした。これが新しい高機能フィルターにはありません。洗うのも一種類で済むので、お手入れも簡単になりました。

交換したほうがいい?

これは紙パック式の理由とは違って、「お手入れを楽にする」という目的であれば交換したほうがぐっと楽になる気がします。猫の毛以外(埃など)も圧倒的です。

機能はアップしたのだから交換したほうが…とも思う一方で、これまでより取り付けがちょっと硬くなり(滑り止めゴムつきのパーツを手の力で回す感覚)、握力がない方や、こまめに外す機会がある場合は従来品のほうが楽だし安心なのかなと思います。実際、これが理由で故障するケースも多いのだとか。

私はカプセルのゴミ(主に猫の毛)出しが楽になったので交換してよかったと思うのですが、使う人次第かなと思うパーツでした。


共通・T型先端ノズル

これは以前記事にしたとおりです。

交換したほうがいい?

私は結果的によかったと思いますが、率直に感想をお伝えするとしたら「どちらでもいい」が本音です。吸引力などが劇的に変化したということはないし、収納具合がよくなったとは感じるけれど、送料を加味すると2000円くらいするので、一般家庭でそこまで価値を感じられるかな…と考えると強くオススメできません。

ちなみにわが家では、新ノズルと交換して不要になった旧ノズルは、過去記事でも触れていますが玄関タイル(土足の場所)の専用アイテムにしています。似たような理由で複数ほしい場合は交換を理由に購入してもよいかもしれません。


アップデートできる掃除機

5年前に買った機種の部品が、今でもアップデートされる。しかも自分で交換可能というのがマキタの魅力の一つです。

また有名メーカー品だと、来シーズンはもうちょっといいのが出るかもしれないとか、型落ちでの値下がりを待ってしまうとか買うタイミングで迷いがちでしたが、それもありません。

とは言え、マキタからも新機種が出ないわけではなく、私の理想条件が詰まった機種*1は、今年発売されたそう。

これで最上位機種(18V)のハンディクリーナでも「ワンタッチスイッチ」で、紙パック型とカプセル型を好みで選べるようになりました。買い替える予定はありませんが、こういう選択肢が出てくるのは嬉しい知らせでした。


関連記事。

※すごく長いレポート。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20161112222317j:plain

今日はあったかくて、気持ちのいいお天気でした。猫たちはベランダでひなたぼっこ。

f:id:nekohaus:20161112210819j:plain

掃除したばかりのフローリングも人気です。

*1:同条件の紙パック式を持っていて、一台目は紙パック式で満足しています。でも二台目を買うときにこの機種が出ていたら、こちらを選んでいただろうなと思いました。