読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

足りなくなった服のため、TPO別の制服化をはじめます。

シンプルライフ シンプルライフ-制服化 キレイに・元気に キレイに・元気に-ファッション・メイク

こんばんは、ヤマネコです。

私服の制服化をはじめて二年目なのですが、改めて「TPO(時と所と場合)別」にも選んでおくことにしました。

f:id:nekohaus:20160928222921j:plain

私服の制服化からもう一歩

普段着る服(コーデ)を定番化させ、毎日の服選びに迷わない「私服の制服化」を続けています。

少ない服でのやりくりに問題を感じないためクローゼットの中身も全体的に減ったのですが、すこし前に困ったことが起こりました。


必要な服がなくて困る

病院へ定期検診を受けに行く際、服装に関していくつか注意点があったのですが、普段用のワンピースでは難しかった上、指定の服(検査しやすい服)を持っていませんでした。なんとか代用して間に合わせたのですが、「コーデ」としてはちぐはぐだったかもしれません。

滅多にないトラブルとは言え、こういう時に慌てずに済むワードローブにしておけたら、と考えるきっかけになりました。


定期検診を受ける時の服装

検査内容によって変わると思いますが、私が指示された(加えて個人的に必要と感じた)服装は以下のとおり。

  • 長い髪…乱れても直しやすいよう、シンプルに束ねておく。
  • トップス…飾り・柄・ボタンのないTシャツなど。
  • ボトムス…婦人科ならスカート。ポケットがあると便利。
  • 上着…着脱が楽で、落としにくいもの。
  • 下着…カップ付きインナーは避け、シンプルなブラ・ショーツ。
  • 靴下…婦人科ならストッキングやタイツは避け、靴下か素足で。
  • 履物…脱ぎ履きが楽なデザイン。
  • アクセサリー…できるだけつけない。
  • メイク…できるだけしない。
  • 荷物…両手が空くもの(ただリュックだと不便な局面も)。

あとはコンタクトよりメガネ。ケースも持って行く。


私が困ったこと

指示された服装の中に「一切装飾のないTシャツ」というものがあったのですが、普段用のTシャツをすべて手放してしまい一枚も持っていませんでした*1

買うか悩んで、代わりに着用したのはカップ付きインナー。ただしアンダーゴムがなく、カップも取り外せるタイプを持っていたためで(カップを外したタンクトップの下に、通常のブラをつけて)なんとか代用できました。

タンクトップのメリット(けがの功名)

血圧を測る時に二の腕が出しやすい(カーディガンを脱ぐだけでいい)タンクトップ型は楽でした。採血の前後も、長袖より煩わしさがありません。


出番が少なくても必要な服

冠婚葬祭、特に弔事用のブラックフォーマルは数年間にわたり出番がないこともありますが、それでも常備しておきたい一着。それと似たような感覚で、定期検診に関わらず「体調が悪い」と思った時のため、「診察を受けやすい制服」があると便利だなと思いました。


※インスタグラムより

それぞれのアイテムを持っていればいい、という話ではなく、いつでも「組み合わせ」ができるよう、これから改めて見直していきます。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160928222941j:plain

久しぶりに、クッションの存在を思い出した彼。

f:id:nekohaus:20160928223013j:plain

もう一つ買おうか迷っている、ニトリのモチモチクッションです。

*1:スポーツ観戦・参戦用のチームTシャツ(ユニフォーム)は数枚ありますが、どれも前後に大柄入り。