読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

私服の制服化に、印象を変えられるkanadeのワンピース。

こんばんは、ヤマネコです。

秋の私服の制服化、そのために選んだのはkanadeの七分袖ワンピースでした。秋雨が続いたここ数日で、さっそく活躍しています。

f:id:nekohaus:20160925202723j:plain

ここ一週間ほど、秋の制服としてワンピース二着を日替わりで着ています。

先に購入しておいたのが、無印良品のリネン素材の七分袖。
追加で、kanadeの綿素材の七分袖。

デザインはまったく異なる二着になりましたが、どちらもお気に入り。しかもkanadeワンピのおかげで、なんだか三着以上あるような気持ちで過ごせるようになりました。

f:id:nekohaus:20160925202725j:plain
※私の立ち方も残念ながら、傘の存在感たるや…。

奇抜というほどではありませんが、これまでのワンマイルウェアには飾り気の一切ないシンプルな服を選んでいた私にとっては、ちょっと凝ったデザインのものになりました。中央にチラッと見えているのはストライプの別生地。

f:id:nekohaus:20160925202726j:plain

狭い範囲ではなく、両サイドまで広がっています。


※インスタグラムより

ボタンが外せるので、こうして着ると本当にストライプのワンピースを着て、ロング(ミディアム?)カーデを羽織ったように見えます。相手に与える印象も変わるようでした。


実は、以前は「重ね着風デザイン」にはすこし苦手意識がありました。

安い服ばかり買うせいだと思うのですが、変なところに縫い目があって心地よく着られなかったり、私には他の服とのコーデがかえって難しくなったり。あえて選ぶ理由が見つからなかったのです。

でもワンピースならコーデに迷うことも減り、このデザインに関しては違和感につながる縫い目もありません。

何より、ボタンをつけたままでもスポンッと着られるのがいい。
(別ブログの記事で図解?しました)

着脱の手間が、私にとってちょっとしたチェックポイントになっています。


これまでのように装飾のないデザインなら、コーデが苦手な私でも小物アレンジがしやすいかなと感じていました。でも今回は、複数の表情を持つワンピース*1

f:id:nekohaus:20160925202724j:plain

それでもストールなどはなんとか組み合わせられそうだし、これはこれで難しく考えずにさらりと着られます。

制服化は、毎日服を迷わないためのルールづくり。私の場合は「楽しむこと」とはすこし違うイメージを持っていましたが、今季はお出かけも楽しいワンマイルウェアを選べたように思います。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160925202728j:plain

あっちで寝たり…

f:id:nekohaus:20160925202729j:plain

こっちで寝たり。

なぜか意図的に無視されているクッションです。

*1:実は、裏表逆(ボタンを背中側)で着ても良いそう。私はゴロゴロする時痛いので…背中にボタンやファスナーがある服はできるだけ避けています。