読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ワードローブの中から、ヨガマットの代わりにしたもの。

もの・こと もの・こと-エコ・再利用・多用途

こんばんは、ヤマネコです。

この夏、和服生活を取り入れたせいで、ストレッチがしにくい、と思っていました。

f:id:nekohaus:20160821211748j:plain
※満開のマリーゴールド(コンパニオンプランツ)。

たびたび反省するのが、私にはやりたいことが多すぎて、どれも中途半端になってしまうこと。中には「相反する望み」も多いような気がします。

  • 和服を着たい。
  • ストレッチやヨガをしたい。

など、同時進行は難しい。

私は今のところ洋服で過ごす時間のほうが圧倒的に長いので、うまく調整しているつもりですが、今後のことは分かりません。

そして先月から「浴衣で就寝」を始めたため、せっかく習慣化していた「寝る前のストレッチ」も途切れてしまい、ジレンマを感じていました。


就寝前のストレッチについては以前記事にしたのですが、ブログ「ヨガとシンプルライフ」のみうさんからご指導いただき、昨年スタート。

時々サボってはいたけれど、気づけば一年以上続けていたことになります。それがここにきて停滞中。


和服とストレッチの相性って悪いんだな…と改めて思い込みを強めていたのですが、最近あることに気がつきました。

私が普段着として着用し始めた和装具が、すごく動きやすいのです。


それが、ストレッチ足袋でした。

f:id:nekohaus:20160821211749j:plain

何度か記事にしていますが、こはぜのないストレッチ素材の足袋で、靴下のように履けるもの。

ちょっと前までカラー足袋を愛用していたのですが、そろそろ入替えを意識し始めたのと、ベーシックな白い足袋も欲しいなと思って追加購入した時、試しに「滑り止め付き」を選びました。

f:id:nekohaus:20160821211751j:plain

当然ですが、これで踏ん張りが利く!

以前は滑り止めってゴミ(主に猫の毛)を集めてしまいそうで苦手意識があったのですが、そうでもありませんでした。そして想像以上に動きやすくて感動です。


手や膝をついてバランスをとるポーズには「マットの代用」として不十分ですが、立ったまま開脚するだけ(たとえば英雄のポーズなど)であれば、フローリングでもなんとかなります。

私はなんとか「太陽礼拝(みうさんの本を参考に)」もできました*1


これでヨガマットが不要に…とは思いません。時には心を落ちつけて、マットの上に乗りたい。

でもちょっとした家事の合間にストレッチしたり、簡単なヨガのポーズをとるだけなら、考え方次第で、いつでもどこでも取り入れられる。和服を着ている時は一切のストレッチを諦めなければ…と思っていたけれど、きっとそれも考え方次第。できることは、あるはず。

好きなことがたくさんあるのは、幸せなことだとも思います。「両方極めること」は難しいと思いますが、自分なりのバランスで両立させて、毎日を楽しく、心地よく、ちょうどよく暮らしていきたいです。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160821211750j:plain

猫の上で前屈すると、指の先がいつもよりちょっと床に近づく。
これも最近気がつきました。

(「馬の目の前にニンジン」の法則)

*1:正確に言えば、写真で見るような「前屈」などのポーズとは程遠い形で強行突破しています(すごく身体が硬いため)。