読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

さよならまたねの時間、そして掲載のお知らせ。

こんばんは、ヤマネコです。

今日もひっそり我が家のルールで、お盆の送り火を焚きました。

f:id:nekohaus:20160816194859j:plain

先日、お盆(初日)の「迎え火」に、我が家ではまたたびに火をつけてみると書きました。

その後の記事で書き忘れてしまったのですが、実は、思うように火がつかなくてですね…急きょ「茶香炉で焚く」方向に変更したのです。

f:id:nekohaus:20160816194858j:plain

アロマオイルやお香を楽しむのが難しい(猫に危険なため)我が家で、茶香炉は救いの一手。普段は茶葉を載せるところに、またたびの欠片をひとつまみ。そして中のティーキャンドルに火をつけてみました。

f:id:nekohaus:20160816194900j:plain

これがなんというか…私はほとんど香りを感じられない^^;

こんな方法では意味がないかな?と思ったのですが、気づけば猫たちが皆でゴロゴロ喉を鳴らしている。彼らが気づくなら迎え火としての効果は果たしてくれそうだなと続けることに*1

そして送り火を焚く本日も、またたび効果で天国へ帰る猫たちがギリギリまでゆっくりしていってくれるかな、なんて想像しながら火を灯していました。


お盆期間中にすこし天候の崩れた関東でしたが、庭の花を眺める時間は持てました。咲き誇っていたのが、百合。

f:id:nekohaus:20160816194857j:plain

本当は切り花にして飾ろうかと迷ったのですが、そんなにたくさん咲いているわけではないため、そのままで。

猫にとって百合は危険な植物であることも理由でした。花や葉をかじることももちろんですが、挿していた花瓶の水を口にするだけでも致命的な中毒を引き起こす危険があります。


昔はお盆なんてただの連休のような感覚でしたが、年々「ちょっと大切な時間」に変わってきています。帰ってくる猫たちに向けた食べ物や香りなど、本当にちょっとしたことしかできてはいないのですが、自分の気持ちと向き合う期間として過ごせるようになったような。

その分、なんだか短いお盆に感じつつ、次は来年また…と思ったのですが、宗教や国境などの垣根を越えて、ハロウィンでもいいですね。


そしてお知らせがあります。

このたびブログを通してお声をかけていただき、東洋経済新報社のサイト「ハレタル」に掲載されました。

haretal.jp

今後も、時々記事を寄稿させていただく予定です。

私はこういうことが本当に苦手でずっと避けてきたのですが、今回は色々なキッカケが良いほうに重なり、思い切って一歩踏み出した気持ちでいます。

初めての掲載は、すっかり私の生活に馴染んでいる酒粕がテーマ。

haretal.jp

これを機に(こっちは完全に蛇足ですが)アイコンも描きなおしました。

f:id:nekohaus:20160816204143p:plain

せっかくなので他の自己紹介アイコンなども徐々にこちらへ変更していく予定。改めて、どうぞよろしくお願いします。

ヤマネコ(山音ことら)


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160816194901j:plain

またたびの香りに気づいたところ。

f:id:nekohaus:20160816194902j:plain

またたびを探して、今日の収穫に鼻をつっこんだところ。
(そこにはないと思う)

*1:我が家のお盆は、主に我が家を去った亡き猫たちのために行っています。