読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

紅生姜づくりと、道具を増やさない季節しごとルール。

キレイに・元気に キレイに・元気に-食べるもの もの・こと もの・こと-エコ・再利用・多用途

こんばんは、ヤマネコです。

数日前に遡りますが、お盆の準備と同時進行で紅生姜を漬けました。

f:id:nekohaus:20160814210529j:plain

梅しごとからの紅生姜

今年は梅干しを漬けたのですが、その工程で「梅酢」も一瓶手に入ったので、それで生姜を漬けよう!と、初挑戦です。


紅生姜づくり

材料
  • 新生姜…500g
  • 塩…大さじ1
  • 梅酢…300ml(ちょっと多め)

今回も色々なレシピを参考にしながら、基本はいつもの白ごはん.comのお世話になりました。

www.sirogohan.com

作り方

まずはよく洗った生姜を薄切りにしてボウルにまとめ、塩をふり、重しを載せ、一時間ほど漬け置くところから。

f:id:nekohaus:20160814210523j:plain

重しは家にあったお皿などを活用したのですが、一時間後に外してみたら…

f:id:nekohaus:20160814210524j:plain

跡がついてしまったのはご愛敬。でもある程度水分を抜く(捨てる)ことができたと思います。

更に布巾の上に並べて、半日干しました。

f:id:nekohaus:20160814210525j:plain

野菜全般に言えるのですが、生姜も完全に水分が抜けるまで干すと、とても小さくなります。

f:id:nekohaus:20160814210530j:plain

大体同じくらいにカットして、数日間干した生姜が左。紅生姜づくりでここまでする必要はないようですが、カラカラにしておくと長期保存が利くので便利。しかも、干し生姜のほうが身体を冷やしません。

今回干したのは半日程度だったので、見た目はちょっと色味が変わった程度で大きさは変化なし。それを清潔な瓶に入れて、梅酢を注げば本漬け終了。

f:id:nekohaus:20160814210532j:plain

あとは蓋をして、冷蔵庫で一年ほど保存できるそうです。


紅生姜の色が…

本来、紅生姜は紫蘇を使った「赤梅干し」の梅酢で漬けるもの。だから「紅」なのです。でも私が漬けたのは紫蘇いらずの「白梅干し」なので、梅酢もちょっと茶色っぽい…というか、よく言えば自然な色。

正直なところ、あまりキレイじゃないな…と。

やっぱり来年は赤梅干しにしようかな、と思ったのですが、翌日改めて瓶を見てびっくり。

f:id:nekohaus:20160814210537j:plain

ほんのりピンク!

甘酢漬けほど短時間ではなかったものの、この変化にはちょっと感動してしまいました。

それでも赤梅干しほど鮮やかな色ではありません。でもこの変化は白梅干しだから経験できたこと…だと思ったら、来年はまた、紫蘇を使うかどうかで迷いそうです。


季節しごとの「増やさない」ルール

実は今回の紅生姜、直前まで空いている瓶がなくて困っていました。結果的にフルーツの洋酒漬けをしていた瓶の中身を使い切り、買わずに済んだのですが、今後もこういう課題は出てくると思います。数だけでなく、量や素材の問題も。

たとえばぬか床の容器は現在プラスチックケースなので、来年選びなおすかもしれません。梅干しの樽も、大きめを用意したい。*1

ただそれは「続けたい」という段階の話で、「始めたい」の時は基本のセットや家にある道具を活かすこと。そして、続かなかった時に持て余すものを必要以上に増やさない。それが私の季節しごとのルールになっています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160814210527j:plain

お盆のお供えフルーツを包んでいたアレ。

f:id:nekohaus:20160814210528j:plain

どうやら動けないようです。
(嫌がる素振りもなくこのまま寝ていました…)

*1:いずれも今年始めた(初挑戦した)ことです。