読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

2016夏*お盆の準備とセットで、むくみや冷えの対策。

暮らしごと 暮らしごと-四季とイベント キレイに・元気に キレイに・元気に-食べるもの もの・こと もの・こと-エコ・再利用・多用途

こんばんは、ヤマネコです。

ちょっと早めですが、お盆の準備を始めました。

f:id:nekohaus:20160811195622j:plain

実のところ我が家には正式なお仏壇などがないので、亡き人たちが帰ってくるというよりは、本家のついでに立ち寄ってくれるかも?くらいの感覚。ただ、猫たちが帰ってくるかもしれないのです。

そんなわけで毎年この時期、猫たちは精霊馬に乗るのだろうか?(走ってくるんじゃないのかな?そうなると、走って帰ってしまうのでは…?)とぐるぐる考えながら準備します。


そのひとつとして、今日は牡丹餅(おはぎ/あんころもち)用に小豆を煮ました。

f:id:nekohaus:20160811195616j:plain

お彼岸と違ってこの風習(お盆に牡丹餅)は稀なようですが、地域的なのか身内ルールなのか…私の親族は毎年用意していたような気がします。それを継承して…と言ったら大袈裟ですが、我が家でも作るのを定着させようかなと。

正式なルールはあるのかもしれないけれど、よくも牡丹餅を余計に作ったな!と怒るご先祖様はいないはず。

(猫たちも、魂となった後は食べてくれてもいいかな…なんて)


ところで、小豆を煮て餡子にする過程で「煮汁」を捨てるのですが、それを飲むとデトックス効果があるそうです。むくみの解消になると聞いて数年前から飲み続けているのですが、甜菜糖で味をつけると美味しくて(缶しるこの薄い感じの飲み物です)、身体にいいとか悪いとか関係なく、捨てるなんてもったいない。

f:id:nekohaus:20160811222105j:plain

小豆自体が身体を温める食品とも言われていて、クーラーで冷えた身体にも優しい気がします。市販の餡子を買えば簡単ですが、こういう副産物も楽しめるから季節を問わずに小豆を火にかける。

手間をかけた分だけの楽しみは、想像以上にたくさんありました。


※後日補足

私が煮汁を捨てるのは、小豆を炊く時も「保温調理」をしているのが大きな理由かなと思います(それでも仕上がりはホクホクになります)。

私も最後は煮詰めて仕上げますが、保温調理だと途中で水分が減りにくいため、それ以前に切った(減らした)水分を飲んでいます。


実際に牡丹餅を作ったり、飾りつけをするのは明日に持ち越し。

ただ、我が家には「割り箸」のストックがないので、(精霊馬用に)さてどうしよう?というのが明日の課題になっています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160811195613j:plain

たしかこの辺に…

f:id:nekohaus:20160811195614j:plain

ん?

…というのを、何度も繰り返していた子。
(何に触りたかったんだろう?)