読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ゴミ箱の定期掃除と、袋の収納見直し。

暮らしごと 暮らしごと-収納

こんばんは、ヤマネコです。

我が家の地域には可燃ゴミ用の「有料指定ゴミ袋」があるのですが、今日はその収納方法を見直しました。

f:id:nekohaus:20160806193407j:plain

システムキッチンなので、ゴミ箱のスペースが決まっています。特に不便さは感じないのですが、ストック分のゴミ袋(10~20枚)には「専用の場所」がありません。キッチンの引出しに入れたり、納戸に置いたりと色んな方法を試してきたのですが、最近「ゴミの出し方」なども変化してきたため、袋の収納も見直すことに。

そして新たに試してみようと思ったのが、突っ張り棒式。

f:id:nekohaus:20160806193408j:plain

収納系の本やブログではお馴染みの方法だと思うのですが、この棒に、袋を引っかけておくだけ。実際はゴミ箱に隠れてしまう場所です。

f:id:nekohaus:20160806193410j:plain
※地名や地域広告が入っているので、ぼかし処理をしています。

ゴミ箱を引き出したり、押し込んだりしながら高さを調節して…

f:id:nekohaus:20160806193412j:plain

ちょっと高めに取り付ける形で落ち着きました。よほど覗き込まなければ見えない場所なので、普段の生活の中では家族の目にもほとんど留まらないと思います。


ゴミ出しの日に…

  1. ゴミ箱を引っ張り出し、使用中のゴミ袋を出す。
  2. 新しいゴミ袋を奥から取って、セットしなおす。

という動作が、他の収納を開けたり、場所を移動しなくてもできるようになりました。


今日はついでにゴミ箱も隅々まで掃除。

f:id:nekohaus:20160806193409j:plain

以前は頻繁に丸洗いしていたのですが、最近、ほとんど生ゴミを入れなくなったので、洗うのは季節の変わり目くらい。それでも表面的な汚れや蓋裏だけは、ゴミ出しの日に拭き掃除しています。

一年前の記事では洗っていました。

当時も生ゴミを直接投入していたわけではないのですが、濡れたゴミ(ウエスや、サッと水洗いした紙トレーなど)を入れていたのがニオイの原因だったのかなと思います。乾いたゴミだけを入れるようになったら、嫌なニオイやカビ(そして虫)の心配が激減しました。


突っ張り棒は(おそらく)もともと100円ショップで買ったものですが、最近他の収納見直しを進めた結果、不要になったもの。新たに買うことなく完了です。

生活スタイルが日々すこしずつ変化するのと同様に、収納もすこしずつ進化していく。私はその都度新しい収納グッズを買うのはもったいない、と思ってしまう貧乏性なので、捨てるのも買うのも慎重に。

新しく買う時は、サイズや色などの理想を追求することもある収納グッズですが、今はまず、既に持っている道具の「新しい可能性」を優先しながら見直しています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160806193411j:plain

今日は別途、既製家具を分解したり、違う形に組み立てたりと試行錯誤していました。形になったらまたご報告させてください。