読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

「使い捨てる道具」は、自分次第で活かす。

もの・こと もの・こと-エコ・再利用・多用途

こんばんは、ヤマネコです。

最近すこしずつ、本来「使い捨てる道具」を見直しています。

f:id:nekohaus:20160725232200j:plain

これまでずっと「使い捨て」はできるだけ減らそうと心掛けてきました。ものを減らす暮らしを始め、その先に「ゴミを減らす暮らし」があると思っていたからです。その願いは今も変わっていませんが、実際に試してみて「これを続けるのは難しい」と感じることも出てきました。

たとえばコーヒーフィルター。

f:id:nekohaus:20160725221231j:plain

一時は使い捨てない不織布製やステンレス製を取り入れてみましたが、これを洗う時に一定量の水が必要だったり、細かい粉末が排水カゴをすり抜けて、パイプの奥へと流れていくことをどうしても止められませんでした。それがちょっとずつストレスになり、今は一回ごとに使い捨てる紙フィルターの使用を再開しています。

ゴミは増えるけれど洗い物の水は必要なくなるし、粉末で排水を汚さなくなったことが私には利点でした。

また洋服を減らしたことで、掃除に使うためのウエス(古布を裂いて作った掃除用ハギレ)も不足しています。掃除回数を減らすことは考えていないので、雑巾や、使い捨ての掃除道具の復活も検討しながら他の方法で対処する必要が出てきました。

いずれにしても、想像していた「理想」どおりには進んでいません。


ただ、改めて「使い捨ての道具」を見直し始めてから、本当に一回使っただけで捨てるものというのは、私の場合はさほど多くないと気づきました。

トイレットペーパーや綿棒などの衛生用品は別ですが、たとえばスーパーのレジ袋。もらえば…

  1. 荷物を運ぶ
  2. 野菜(庭の収穫物を含む)の管理や譲渡に使う
  3. 家庭用のゴミを集めて捨てる

など、次の用途は見つかります。

実際に使い捨てないエコバッグを取り入れてから、ビニール袋は買っているのが現状。ゴミ出し以外の(清潔に使いたい)出番があるのでよしとしていますが、それも個人差があるはず。

そういったしわ寄せに対して自分なりの折り合いをつける必要があるんだろうな、と。行政や専門家に「こっちのほうがエコですよ」と言われても、それは自分次第だから当てはまらないケースもあるのでした。


そんな理由から、最近は「使い捨てる道具をどこまで活かせるか?」をテーマに色々考えるようにしています。

前述のコーヒーフィルターの場合は…

  1. コーヒーを淹れる
  2. 乾かす間は芳香剤として使う
  3. 乾いた粉は消臭剤(脱臭剤)として使う

と、用途は続きます。

また最近知ったのですが乾いた粉を燻すと、「蚊取り線香」にもなるのだとか。これ、うまく着火できないというご意見が多いのです(私もできませんでした…)が、「粉を撒いておくだけ」でも虫よけになるそう。

米環境保護庁(EPA)が言うには、蚊をはじめコーヒーかすの香りを嫌う昆虫は多いのだとか。火をつけずに家の周りにぐるっとまけば、小さな虫の侵入だって防げるそうです。
TABI LAVO より

実際に撒いてしまうと植物に影響が出そう(土に混ぜるとアジサイの青さが増す)な場所も多いので、庭先やベランダにフィルターのまま置くだけでも、効果は期待できるのかな?と思いました。


そこで、せっかくの「使い捨てフィルター」を活かしてみることに。

f:id:nekohaus:20160725221236j:plain

窓際や天日干しでしっかり乾かした後…

f:id:nekohaus:20160725221237j:plain

紙フィルターごと、ギュッ。

f:id:nekohaus:20160725221238j:plain

麻紐で結んだらできあがり。

f:id:nekohaus:20160725221239j:plain

玄関の隅っこや収納庫に置く時に、これならうっかりこぼしてしまうこともないかなと。靴箱にも入れやすそう。

もし「紙フィルター」を使っていなければ、別途「包み紙」などの用意が必要になっていたところ。こういう活かし方もいいかなと思います。

そして時々丸ごと交換して、古いほうはゴミ箱の中に振りかけながら処分。うちの生ゴミは「干す」か「冷蔵(凍)する」のでニオイは気にならないのですが、猫用のトイレゴミの悪臭は本当に軽減されました。


ただし、コーヒーは「猫(犬)よけ」としても使われることがあるそうなので、ご自宅の動物たちが嫌がるような使い方は避けたほうが良いだろうなと思います。うちの猫たちは香りに対して無反応ですが、仮に燻せたとしても「猫スペースで使う」のは控えるつもりです。

尚、カフェインを飲食させること自体は明らかに危険なので、興味を持ってしまう子にも注意が必要。そういった意味ではフィルターの口を閉じておくことが、誤食防止を兼ねるかもしれません。


もちろん、コーヒーの出がらしで虫を退治できる…そんなに強い効果はないと思います。そこまで求めるなら、専用の蚊取りグッズを買ったほうがいいだろうなと。

ただ、使い捨てずに活かすこと。そう考えた時、用途のひとつになるのであれば、価値ある情報だと思っています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160725221234j:plain

微妙に暑いような、肌寒いような…そんな陽気の中、ハンモック下の小さなラグが活躍しています。

f:id:nekohaus:20160725221235j:plain

でも、残念ながら爪をといでしまうようになりました…。