読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

追記:家事をするために和服を着る、という選択。

キレイに・元気に キレイに・元気に-ファッション・メイク シンプルライフ-和服

こんばんは、ヤマネコです。

ここ数日「秋かな?」と感じるくらい肌寒い日が続いているため、着るものに迷っていました。

f:id:nekohaus:20160724220706j:plain

迷う、と言っても洋服は基本的にワンピース二着だけなので洗濯していないほうを着るだけなのですが、最近の私にはもうひとつの選択肢「和服」があるためです。

浴衣は涼しげな印象を残しつつも、意外とあったかい。だから真夏に炎天下で着るのはさすがに暑いと思います。その点、ここ数日の涼しさはちょうどいい「浴衣日和」に感じていました。

ただ、私の生活スタイルが「月末に向けてデスクワーク時間が増える」ものなので、それがちょっとした障害に。机に向かう時に浴衣…は、どう頑張っても動きにくいのです。


でも着たい時に着る、短時間でもいい、というマイルールで始めたことなので、ちょっと思考の転換をしてみることに。

そこで、家事をする2~3時間だけ浴衣を着よう!と決めました。


人に見せるため、という感覚に左右されず、自分の「着たい」を優先すること。そこには汚れるリスクはあるけれど、メリットもあります。

  • 着付けや畳み方、お手入れの練習回数が増やせる。
  • 日常的な動作の中で、動きやすい方法などの発見がある。
  • 特別なものを着ている…という気恥ずかしさに慣れる。

和服を着て出かけるのを「本番」と呼ぶとしたら、事前に「練習」をしておくことが必要で、それが自宅での和服生活で培えること。いざという場面で慌てたり、粗相することを減らしたいなと思っています。


翌日追記:以下、写真を載せているのですが、「鏡に映った状態」で撮影し、反転せずに使用したため、今回も着物(浴衣)のあわせが逆になっています。今回、お断りすることを忘れていました。

ご指摘くださったN様、ありがとうございました…!


そんなわけでこれまでとは真逆、家事をするために和服を着る、という無謀かもしれないチャレンジを始めました。

プラス、私には和装用の割烹着があるのでそれを活用します。でも最近、新たに試しているのが「襷(たすき)掛け」。

f:id:nekohaus:20160724220710j:plain
※今のところは、この一着をメインの「練習用」にしています。

料理や水仕事をする時は、やはり割烹着のほうが安心感があるのですが、洗濯物を干す時くらいは襷でもいいかなと。何より涼しいです。

f:id:nekohaus:20160724220708j:plain

私は「襷の紐」というのが売っていると思っていたのですが、調べてみたら「腰紐」で代用されている方が多い様子。私も家にあったもの(おそらく着物のハギレで手縫いされた正絹素材)を使うことに。


また今回は、前回までより衣文(えもん)もうまく抜けたかなと(うなじ部分の襟が「くの字型」だと美しい)。

衣文抜きに限らずですが、理屈ではわかっていても実際には上手く再現できないこと、というのがたくさんあって…こういうのも日々の練習を積み重ねていかないことには、と思っています。

f:id:nekohaus:20160724220709j:plain

実は日傘(晴雨兼用)を選ぶ時も、和服を着ることを考えていました。表地はやはり白のほうが良かったかな…?とも思うのですが、フリルに大正ロマンっぽさを感じるのは私だけでしょうか…。

和服だと帽子での日よけが(コーデ的に)難しくなるので、傘を買っておいて良かったです。


それにしても…いつもどおり浴衣姿で何枚か撮影したのですが、なぜか一枚残らずマッチョな(キン肉マンみたいな?)ポーズをしていました。

私の場合、こういう性根の部分から叩きなおさないと、大和撫子にはほど遠いなと痛感しています。


お礼

着物の記事を書き始めてから、「長く着物を着ています」という和服を愛される先輩方からたくさんメッセージを頂けるようになりました。先日の「絹の長襦袢」についての疑問を解説してくださったり、「割烹着を着る時の帯」についてアドバイス頂いたり、一通ずつ、何度も拝読しながらとても感激しています。

実際にこういうことを教えてくれる人が身近にいた頃には、行動に移せなかった。それを思い出すと涙があふれてくるのですが、ネットを通して教えて下さる方もいると感じられることが、とても心強く、本当に幸せです。

ほとんどの方が返信先のメールアドレスを空欄にされていて、個々にお伝えすることができずにいるのですが、この場で、改めてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!


それから、まだまだ初心者だけど暮らしに着物を取り入れたい!…と積極的にお考えの皆さま、ぜひ一緒に和服ライフを楽しみましょう。

お祭りや花火大会(本番)のお出かけ前に、暮らしをしつらえるのに良いチャンス、と思っています^^


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160724220705j:plain

冒頭の写真は、我が家にある唯一の「手ぬぐい」。買ったものではなく…

f:id:nekohaus:20160724220704j:plain

実は製薬会社のロゴ入り。動物病院で頂き、死蔵状態にしていました…ようやくですが、和服に合わせて使ってみます。

f:id:nekohaus:20160724220711j:plain

そして抱っこを求めてきた猫。

f:id:nekohaus:20160724220707j:plain

割烹着は浴衣に猫の毛がつくのも防いでくれるな、と思います。