読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

まずは夏限定、「和服の日」はじめました。

キレイに・元気に キレイに・元気に-ファッション・メイク 暮らしごと 暮らしごと-四季とイベント シンプルライフ-和服

こんばんは、ヤマネコです。

もう何年も「やりたい」と思い続けてきたことへの一歩を、ようやく踏み出しました。

f:id:nekohaus:20160630200737j:plain

私の和服

着物と言えば、特別な時に着る機会はあったけれど、決して日常的に袖を通すことはありませんでした。どうしたって「お出かけ着」であり、汚さないよう家事をする時は脱ぐ(終えてから着る)という感覚。

でも私の長年の望みは、和服を特別なもの扱いせずに、日常的に取り入れることでした。


暮らしに和装を取り入れる

何の資格も、深い知識もありませんが、ずっと着物が好きで十代の頃から基本的な着付け(着物・浴衣)だけはできます。当時は「今」普段着にするという発想はなかったので、「いつか」とずっと思っていたのですが…来ないんですよね、いつかなんて。自発的に動かなければ。

そこで2016年の抱負のひとつに「着物を月一で」と入れました。


夏スタートを選んだ理由

ただ冬の着物は私にとってハードル(気温・生活・着替え…諸々)が高く感じられました。お正月に着たとして、2月、3月はどうだろう…と。

そこでルールを「夏に」と設定。私の希望は「和装を取り入れること」であって、単衣など(夏用)の着物にこだわる理由はなかったため、まずは「もっと浴衣に慣れ親しもう」と思ったのでした。

マイルール
  • 月一回以上、外出のない日に取り入れる。
  • 着用時間が数時間でも、一回と数える(洋服併用OK)。
  • まずは夏の間だけ(6~9月/単衣・薄物の季節)。
  • お手入れ方法などは、実践しながら学びなおす。

最初のルールはゆるく。もちろん月二回以上でも、丸一日着用でも、好きなように取り入れるつもりです。


まずは浴衣で暮らす

そんなわけで始めました。

f:id:nekohaus:20160630200738j:plain

数着ある中、これは(失礼ながら)変な柄だな…と思って練習用に選んだのですが、昭和の時代に手縫いされたもので、本物(?)のレトロだと思えば納得。そして着つけながら、ちょっと可愛く見えてきました。

私にあつらえられたものではなかったのでサイズ(身頃)が大きかったのですが、よほどの差がなければなんとかなるのが和服のいいところ。

そして、念願の。

f:id:nekohaus:20160630200739j:plain

割烹着で戦闘力アップ。

昨夏、この割烹着を買った時に「和装用」を選んだため、着物の袖が収まるようゆったり作られていました。その機能がしっかり活躍しています。

たぶん割烹着を着た時だと思うのですが、帯(文庫結び)がすこしずれてしまったようです。こういうことにも気づけるので、写真は撮ったほうがいいなと思うのでした。

※いずれも鏡に映った状態で撮影しているため、あわせが逆です。


洋服と和服

ここ数年で、ワードローブの中身が半分以下…最初の「数」が分かりませんが(途方もない量でした)、見た感じで言えば十分の一くらいにはなったと思います。地道に減らしてきたのです。今後も服をガンガン増やすことはないと思いますが、ここにきて和服が増えた(預けていたのを引き取った)ので、また洋服を整理しようかと検討中。

まだまだ先は見えませんが、いずれは和洋半々くらいにしたいかなと…これは年月をかけて、ちょうど良いバランスを考えていこうと思います。


私の日常的和装元年

以前のブログでも書いたことがありますが、私の理想の女性像の一人が「磯野フネ」さん。サザエさんのお母さまです。和服で暮らし、割烹着に身を包み、家事をこなすしっかり者。

でも、作品の時代背景や、環境、暮らし方もあるのだと思う。

私の今の生活で、100%和装に移すのは現実的ではありません。無理して頑張るようなことではないから。でも、着たい時には着たいので、そうできるよう準備しておきたいなと。

そして夏には「着たい」と思う機会が目白押し。お祭りだったり、花火大会だったり、うちわ片手に夕涼みがてら浴衣で散歩…それを叶えやすい季節。次は七夕に、と思っています。


関連テーマ。


カメラが戻ってくるまで、あと十日ほどとの連絡がありました。今日の着画は携帯電話のカメラ機能で撮りましたが、必要な時はこれでしのいでいこうと思います。でも猫写真はお休みさせてください。