読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

自宅でプチ整形?「自分では選ばないもの」を贈られて。

こんばんは、ヤマネコです。

贈り物、お土産、プレゼント交換の品、こういうものを選ぶ時、本当に悩みます。

f:id:nekohaus:20160622204625j:plain
※イタリアのお土産で頂いたパスタ。センスのある食品って嬉しい。

毎年ハロウィンに、仕事関係の友人たちと集まってパーティーをします。職業柄もあって(年末は忙しいので)すこし早めの忘年会気分なのですが、そこで毎年恒例なのが「プレゼント交換」。

  • 参加者は大人(20~50代)
  • 男性が入る年もある(配慮しなくても良いとされている)
  • 初対面(趣味嗜好不明)の参加者がいる年もある
  • 誰が受け取るか分からない
  • 何年も続いているため奇をてらう人が多数*1
  • 金額は3000円程度(詰め合わせでもOK)

ルールとしては金額くらいなのですが、こんな条件で、皆さんなら何を選ぶでしょうか?


持たない暮らしを意識し始めてから、むやみに「物をもらう」ことは控えるようになりました。「私のために」と選んでくれたものは別ですが、試供品であったり、中古(新古)品であったり…本当に欲しいもの以外は遠慮するようにしています。

ただこのプレゼント交換は何を受け取るか分からない上、その場にあるのは確実に「私のために選ばれたものではない」品物たち。それなら参加しないという選択肢もあるのだけれど、品物よりも、身内とのお祭り気分を楽しむため輪に入れてもらいます。


当初は割とステキなものが持ち寄られ、私が初めて「サンキャッチャー」を知ったのも7~8年前のハロウィンパーティーでした。実際に飾られているところも目にして、購入にもつながったのです。

かつてはそんな出会いもあったのですが、そろそろ皆ネタ切れなのか、近年はジョークグッズのようなものが増加中。「こんなもの誰が使うんだ!」と笑われること前提の品物が混ざっているのも一興で、そういう気楽さも楽しんでいます。


それでも私は割と「アタリ」を引くことが多かったのですが、昨年まわってきたのがこちらでした(詰め合わせプレゼントの一部です)。

f:id:nekohaus:20160622204621j:plain

これを買った当人は「ヤマネコに当たって良かった」とニヤニヤしながら満足げで、最初は何かわからなかったのですが、なんと「一重を二重にするメガネ」。

f:id:nekohaus:20160622204620j:plain

つけておくと癖がつき、外した後も二重が持続するという商品です。

一重の皆さま、欲しいですか…?


私は和風の顔立ちの一重まぶたで、二重に憧れてアイプチなどで頑張っていた頃もあります。今は諦めた…というか、個性を受け入れ、わざわざ二重にしたいとは考えなくなりました。

そんな私の手元にきてしまったメガネ。皆に「よかったね」と揶揄されながら受け取って…せっかくだからと半年ほど(週に1~2回)使っていました。

f:id:nekohaus:20160622204629j:plain

…そして結局のところ、「整形」は失敗(笑)

固定された二重が数時間ももたないため、私の使い方(肌質?)では外出できるような実用性はなさそう。ただ糊やシールがなくても一時的に「ほんのすこし華やかな目元」を楽しめました。


今の私にとって、こういうアイテムは「欲しいもの」ではなかったし、おそらく自分では買いません。また、皆に「配布」されているものだったら持ち帰らなかったかもしれません。

参加しない、貰わない、使わない、すぐに手放す…本来はそういう選択肢もあり、そのほうが時間もお金も無駄にならないかもしれない。

でも運命的なルーレットで私の元にきたもので、なんだかんだ言いながら楽しめたのも事実。自分で買うことがないものだからこそ、プレゼントしてもらったことで「楽しむ時間」を贈られた気持ちになりました。


私にとっては、今も「贈り物」への考え方は難しいけれど、こういう趣旨のイベントの時は「一瞬でも笑顔になれるもの」を選ぶセンスも重要なのかなと。

まだまだ先と思いつつ、今年のハロウィンに向けて今からちょっと悩んでいます。


猫の日(22日)だった、本日の猫。

f:id:nekohaus:20160622204626j:plain

私は快適だったのですが、どうやら猫たちはちょっと寒かったようです。

f:id:nekohaus:20160622204627j:plain

すこしでも日が入る場所を探したり、皆でくっついたり。今日は梅雨らしいお天気でした。

*1:いわゆる「上司」や「大先輩」も含むのですが、冗談は通じ合う関係性です。