読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

新しい長靴は、軽量コンパクトなクロックス。

こんばんは、ヤマネコです。

入梅前に長靴(レインブーツ)の新調を計画していました。いくつか候補をあげて悩んでいたのですが、クロックス(crocs)に決めました。

f:id:nekohaus:20160531201516j:plain

理想のレインブーツ

ちょっと意気込んで買い物をする際、妥協するのは後回し。実際にそういう品物があるかどうかは関係なく「理想」を挙げていきます。今回はレインブーツの希望を。

  • 軽量
  • 柔らかい(しゃがみやすい)
  • 折りたためる
  • ロングブーツ
  • 底が厚い
  • 滑りにくい
  • 予算は一万円まで(ブランドによっては再検討)
  • (走れるデザインなら)ヒールは欲しい

用途としては、ワンマイルウェアに合わせてご近所を歩くこと、それからちょっとした土いじり(ガーデニング)にも使えたらいいなと。欲を言えば、よそ行きにも使えるのが理想的。

これらを目安にしました。


候補に挙げたブランド

  • 日本野鳥の会
  • ハンター
  • エーグル
  • クロックス

まず「たためる長靴」という時点で選択肢が絞られました。ブランドにこだわるつもりはなかった(ノンブランドでも構わなかった)のですが、重さやつくり、実店舗で試着した感覚として、やはり有名なもののほうが安心感を持てる印象で、上記のメーカーに。

「たためる」ことが重要

そもそも「たためる」ことを重視したのは、ブログ「そぞろぐ」のそぞろあるきさんの、ちょうど一年ほど前の記事がキッカケでした。

sozorog.hatenablog.com

だから真っ先に「野鳥の会の!」と思ったのですが、いざ購入直前に「黒」がないことに気づき、最後まで迷いに迷って他の選択肢を加えました。

黒にこだわった理由

何度か土砂降りの葬儀や法事に参列したことがあり、そういう時は移動中(電車・徒歩中)だけでも黒ブーツを履けたら…と思ったのです。

こういう用途のものだし、移動中だけなら黒にこだわらなくてもいいかな…という迷いもありましたが、単純にファッションセンスに苦手意識があるので、黒なら服(主にワンピース)の色を問わずに履きやすいだろう、というのが一押しになりました。


最終決定「クロックス」

長期間にわたる私の中の(これ以上の)葛藤は割愛しますが、最終的にクロックスを選びました。

  • (公式発表/私が比較した中で)最軽量だった
  • 真っ黒デザインがあった
  • 予算内(一番安い※セール価格)

この三点が決め手。

最終的には、やはり色を優先させることに。ハンターやエーグルは本来もっと高級な品ですが、店舗によっては一万円前後で見かけたため候補に加えていました。でもクロックスへの決定打は「ブランドロゴが控えめ」なこと。

f:id:nekohaus:20160531201529j:plain

おそらく、言われなければほとんど気づかれないのでは…と思います。ブランド名に安心感を覚えながらも、見た目はノンブランドっぽいほうが良かった…と、ちょっと矛盾した選び方になりました。


クロックスのレインフローブーツ

[クロックス] CROCS RainFloe Boot  12424-22Z-440 espresso/espresso (espresso/espresso/W7)

普段23~23.5cmを履いていて、今回は「23cm」を購入。試着時はデスクワーク後でちょっとむくんでいたのですが、痛みもなくすっきり履けました。厚手の靴下でも大丈夫そうです。

長さ的にロングブーツではないかもしれません。履く人によって(脚長さんに)はミドルブーツ?でしょうか。私にはちょうどいいかなと。

f:id:nekohaus:20160531201520j:plain

ふくらはぎガッチリ体型なので、筒まわりもカパカパしません。

いわゆる「クロックス」と聞いて思い出すサンダルと素材の柔らかさは全然違いました。

f:id:nekohaus:20160531201522j:plain

素足と同じように、とは言えませんが、動きにくさは感じません。

f:id:nekohaus:20160531201523j:plain

膝もつけました。

ただ何度か座った後に「折り目」のようなものがうっすら(じっくり見たら分かるレベル)ついていると気づいたので、これがものすごく気になってきたら交換時かもしれません。

f:id:nekohaus:20160531201527j:plain

縫い目も完全防水だそうです。これは大事。

更に肝心の「たためるか?」ですが、クロックスの場合はなんとか2~3回折れる程度。

f:id:nekohaus:20160531201531j:plain

あとはクルクル丸めるようなたたみ方もできますが、「たたんだ状態」で留まってくれません(形状記憶のように戻ってしまう)。そぞろあるきさんが載せてらした「野鳥の会ブーツ」写真のようにコンパクトにはならないことが、最後まで引っかかっていました。

予定していた収納方法を改めることで解決としましたが、もうすこし柔軟性があれば私の理想そのもの。

f:id:nekohaus:20160531201518j:plain

代わり…と言っては変ですが、自立はします。

また、他の「たためるブーツ」とは違って収納袋などはついていないので、これは必要に応じて自分で用意する手間がかかります(私は用意する予定)。

f:id:nekohaus:20160531201526j:plain

それから履き口(だけ)に同色の生地(ライニング?)がついていて、雨粒などが内側に入り込みにくそうですが、ここが濡れたら冷たいだろうな…とも(そういうレビューもありました)。

f:id:nekohaus:20160531201528j:plain

両足、両サイドにはタブがついていて、収納時に便利なのかな?と思っていたのですが、「履く時に使う」のだと分かりました。指を引っかけて引っ張りあげるのです。ちょっとしたことですが、とても楽でした。

靴底(内側)にはクロスライトという素材が使われているそうで、厚みもあって安定しました。痛くない!

外側は滑り止め加工が。

f:id:nekohaus:20160531201525j:plain
※役に立たない、足サイズ比較。

凍結路面などを歩いたわけではないのでなんとも言えませんが、しっかりしたゴムだと思います。平面では、もちろん滑りません。また耐久性もある、という説明だったので長く使えることを期待しています。

そして、何より軽い。私が買ったサイズ(W7)で、公式発表だと「片足320g」とのこと。これまで使っていた長靴と比較すると、持った感覚、履き心地…いずれも雲泥の差でした。

ちなみに、完全防水なので汗をかいて「蒸れる」ことはありそうです。その蒸れで「水が染みてる」と感じることもあるのだとか。そのための対策が今後の課題になりそうです。


悩んでよかった買い物

最初に「そろそろ買い替えようかな」と思ったのは一年前の梅雨時。本格的に悩み始めたのが冬の頭。雪遊びに使いたいな…と思っていたのですが、(積もることもありましたが)暖冬で機を逃しました。春になってすこしだけガーデニングの機会があり、梅雨に向けて改めて検討し、ようやく購入できました。

消耗品や食品は「定番」を決めておけば買い物の時短になりますが、私はこういう時に時間をかけがち。でも納得の買い物ができたかな、と思っています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160531201517j:plain

冒頭の写真のNGショット(うっかり呼んだら、こっちへ…)。

f:id:nekohaus:20160531201532j:plain

それから、心配していた「ニオイ(ゴム臭など)」ですが、ほとんど気になりません。

f:id:nekohaus:20160531201533j:plain

猫も、よっぽど臭いと敬遠する子、逆に近寄ってくる子がいるのですが、「これはクリア」な反応です^^