読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

初夏に、ラグを捨てる暮らし。

もの・こと もの・こと-手放したもの 暮らしごと 暮らしごと-あったかく・すずしく

こんばんは、ヤマネコです。

掃除に火がついたところから始まった今週末。今日はリビングにある数少ない家具の配置換えと、ラグの撤去をしました。

f:id:nekohaus:20160515201115j:plain

二年(秋~春)ほど使っていたラグは、マイクロファイバーの起毛ラグ。秋冬向けの素材だと思うので、冬の終わりから何とかしたいと思っていました。

ただ我が家でラグを使うのは主に猫たちなので、彼らの様子を見ながらお手入れなどのタイミングを計ります。そして満を持して、本日撤去となりました。

f:id:nekohaus:20160515202902j:plain

ここ数日はラグの上で過ごしている様子をあまり見かけなかったので、問題なさそうかなと。むしろ今日はほんわか暖かい陽気だったので、フローリングの上でノビノビと昼寝をしていました。


そして、今回撤去したラグはこのまま捨てます。

f:id:nekohaus:20160515201116j:plain

数年前まではラグを毎年新調していたので、処分する時には切って(表地・裏地などを分解して)ウエスにしたり、こんなもの(切り絵?のミニマット)を作ったりしていましたが…

f:id:nekohaus:20160515203757j:plain
※2014年の写真です。この年は起毛の短いラグを使っていました。

今回手放すラグの使用期間は丸二年。単純に考えれば以前の二倍の期間活用し、使い切ったと思えるので気兼ねせずに捨てることに。今回は起毛が長くて、ハサミを入れたら埃だらけになりそう…という心配もあったからです。


大きなラグを二年(以内)で買い替えること自体が一般的ではないと思いますが、我が家でその選択をしている理由は過去記事で触れました。

猫も含め、皆が健康で暮らせる衛生的な環境づくりも大事なことです。ゴミを増やしたくはないけれど、高級品を買っても長く使えることはないと思うので、「数年ごとに選びなおせる楽しみを手に入れた」と思うことに。

秋冬にはまた購入する(増える)ことになるのですが、夏の間はお手入れや収納場所の確保が必要なくなるため、短期間であっても「物が少ないこと」のメリットを実感できる貴重な時間。有効に使います。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160515201112j:plain

足がつき出されていたので、条件反射で肉球に手が出てしまいました…

f:id:nekohaus:20160515201114j:plain

そんな、肉球トラップ。
でも爪切り後なので痛くないのです。

f:id:nekohaus:20160515201113j:plain

ヒゲも引っ張りたくなるのですが、やめておきました。