読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ブログを始めて変わった、モノの選び方とお茶の話。

こんばんは、ヤマネコです。

5/1は八十八夜でした。夏の準備を始めるのにちょうどよいタイミングで、我が家も冷茶を始めました。

f:id:nekohaus:20160503184531j:plain

茶摘みが始まるこの季節、ちょうど緑茶が切れたのでお茶のストックを見直していました。紅茶を飲むことが多い我が家ですが、食事は日本食が多いので日本茶系もよく飲みます。最近のストックはあまり変わり映えなく定番で、緑茶、万能茶、黒豆茶。

容器はTAKEYAのフレッシュロックを使っています。引出し収納に入れておくのにちょうどよい高さだったので、800mlをお茶用にしました(我が家では一番使い勝手の良いサイズかも)。

f:id:nekohaus:20160503184527j:plain

今は白い替えパッキンもあるようですが、お茶なのでグリーンのままでいいかな、と。

f:id:nekohaus:20160503184528j:plain

スプーンは昔100円ショップで買ったものがまったく不便なしなので、そのまま愛用しています。

f:id:nekohaus:20160503184529j:plain

もしかしたら10年くらい持っているかもしれません。

ちなみに、再開したばかりの冷茶のポットもTAKEYAの製品です。

f:id:nekohaus:20160503184535j:plain

入っているのは、ホットでも愛飲していたジャスミン茶(コーヒーなどより少ないですが、カフェインが入っています)。横に寝かせても使える、というのが決め手でした。


うちの地元は有名なお茶の産地ではありませんが、時々茶畑を見かける環境。身内に茶園を持っている家もあったので、私が子供の頃はそういうお宅から分けて頂いていました。今は年々縮小され、私もお茶は市販のものを飲むのが当たり前になっています。

そうなると、関東圏で身近なのは狭山茶、次いで静岡茶でしょうか。お手頃品を近場のスーパーやネットで買うこともありますが、小旅行がてら足をのばせば静岡へも日帰りでお茶を買いに行くこともでき、選ぶ楽しみも増えていました。

そんな関東暮らしなのですが、最近京都からお茶をお取り寄せ。

f:id:nekohaus:20160503184530j:plain

緑茶ではなくお抹茶なのですが、名茶の産地「宇治」からです。


これまでは関西のお茶を取り寄せる…という必要性(?)をあまり感じませんでした。今回あえて選びたいと思ったのは、京都の宇治にお住いのブロ友さんがいたから。その方がお茶屋さんやお茶農家をやってらっしゃるわけではありません。ご地元である、という情報だけ。でも最近、そういう視点でのモノ選びがちょっとした楽しみになっています。

これまでに何気なく選んだお米や昆布は北海道産が多いのですが、「そういえばブロガーさんが多い地域だなぁ」と思うとちょっと美味しく感じられたり、お土産にお菓子をもらえば「あ、○○さんがお住まいの…」と考えながらモグモグしたり。

f:id:nekohaus:20160503192424j:plain

ブログを始め、交流が広がったことで日本各地の未踏の地に対して愛着や興味を持つキッカケができました。そして以前よりちょっとだけ、その土地土地の「特別感」が増した気がするのです。


私は人付き合いは苦手だけれど、人間嫌いではないので、「誰かの存在」や「人とのつながり」を感じられるモノ選びに心地よさを感じることが多いです。

以前、木村石鹸さんからご依頼を受けて気に入った商品をご紹介したことがありましたが、メールをやり取りさせて頂いた方がとても丁寧な対応で、そこから更に商品が好きになった、という背景もありました。

これって依頼するから当たり前、と思われるかもしれませんが、全然違う印象のメーカーさんも多いです(そういう商品には愛着を持てそうにないので、モニターなどもお断りしています)。真剣にモノづくりをされていて、丁寧に接客対応もしている、そういう作り手を応援したくなるのも「人のつながり」を大事に感じるからこそ。


交流が苦手だからこそ、そういう僅かなつながりに想いを馳せてしまうのかもしれませんが、私はそれでもいいかなと。

取り寄せた宇治抹茶は、結局は知らない人が作ったお茶には変わりないのですが、好きな人につながっているもの。そんな風に考えるだけで、美味しさが割り増しされる気がします。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160503184525j:plain

このクッション、時々ご質問頂くのですが、ニトリの「モチモチクッション」の小さいほう。ゆるリラのくぅこさんと色・サイズ違いです。

食べ物ではありませんが、私はこういう「おそろい」的なものにも弱いです。愛着がぐっと増します。

f:id:nekohaus:20160503184526j:plain

ちなみに猫用に買ったわけではなくて、私用だったので…ホントは返してほしいと思いながら撮影しています。