ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

シンプル鍋炊きごはんと、洗剤なしの洗い物。

こんばんは、ヤマネコです。

災害時やアウトドアにも応用できるよう、これまでよりも簡単な炊飯方法を試しています。311に乗じての見直しでした。

f:id:nekohaus:20160430184231j:plain

鍋を使った炊飯

日常的に炊飯器を使ったことがないので、普段は白ごはん.comと同じ方法で「鍋」を使った炊飯をしています。

www.sirogohan.com

ただ災害時などに、カセットコンロで「細やかな火加減」ができるのだろうか?というのがずっと不安でした。

そこでまずは今の台所のコンロで、火力調節を減らした炊飯をしてみることに。

手を掛けない鍋炊飯

基本は、いつも2合(+雑穀米)で炊いています。水は2カップ強。

  1. 洗った米を30~60分間浸水。
  2. フタをせずに強火(IH+琺瑯は強すぎるので、中火)で沸騰。
  3. フタをして、弱火で10分。
  4. 最後にフタをしたまま10秒ほど中火にかけ、そこから10分蒸らす。

以下は工程の写真です。

f:id:nekohaus:20160430184221j:plain

まずは浸水。

f:id:nekohaus:20160430184223j:plain

グツグツしてきたらフタをしめ、火を弱めて10分間。

f:id:nekohaus:20160430184224j:plain

最後に中火10秒、完全に火を消してから蒸らしの10分で完成です。
沸騰+10分+10秒+10分の流れ、これでも問題なく炊けました。

フライパンやストーブを使った方法

取り入れ始めて一ヶ月ほど経つのですが、実はずっと「この方法を過去にどこかで見たことが…」と引っかかっていました。色々と記憶をたどったところ、ブログ「はびより」のハービーさんのフライパン炊飯でした。

www.herbie14.com

フライパンで30分程浸水。
強火で沸騰させたら弱火にして9分。
火をとめて、10分ほど蒸らす。

うちのフライパンは深さがないので鍋を使うしかないのですが(そもそも隣でパンケーキを載せている)、ハービーさんがやってらしたのとほぼ同じ方法でした(過去記事から察するに、量は我が家より少なめの一食分かな?)。

ヨガとシンプルライフのみうさんが、ストーブで炊いていたのも記憶に新しいです。

www.yogasimplelife.com

最初に拝読した時はストーブがないから無理だな、と思っていたけれど…カセットコンロにも応用できそう。既成概念にとらわれず多用途に使う、という考え方は、やはりミニマリストブログが参考になるなと改めて思いました。


最近手放した「ごはん」の道具

それから最近、食器が増えたこともありキッチン収納の見直しをしていたのですが、その流れで「しゃもじ」を手放しました。実はだいぶ前からあまり出番がなくなっていたのです。代わりにしているのがシリコンヘラ。

f:id:nekohaus:20160430184246j:plain

料理を同時進行する時に便利なので何本か持っているのですが、しゃもじの代用にしたのはスプーン型。

f:id:nekohaus:20160430184248j:plain
※なんだかキレイな画じゃなくてごめんなさい…。

しゃもじはしゃもじにしか使わなかったけれど、これは多用途。ごはん粒がつぶれないよう丁寧に扱う必要があるかなと思うのですが、私は問題ないと思います。

ただ、いつかは「おひつとしゃもじ」がセットである暮らしをしたいなと考えながら、今回は手放すことにしました。


炊飯から洗い物まで

パンケーキを焼くのは週に1~2回ですが、炊飯と同時進行で早朝に実践しています。

f:id:nekohaus:20160430184226j:plain

最近はほとんど米粉のパンケーキ。最後の一枚を焼いている間に、空になったボウルやレードルなどを洗うのですが…

f:id:nekohaus:20160430184234j:plain

ここで、米のとぎ汁を使って軽く浸け置きしています。まずはボウルのべたつきを浮かせ、使ったヘラをスクレーパー代わりにして予洗いまで。

f:id:nekohaus:20160430184235j:plain

最後に棕櫚たわしでザッとすすぎ洗い。この「米ぬかで油汚れを落とせる」という効率の良さから、「お菓子づくりは炊飯と同時進行」がお約束になりつつあります。

洗ったものはシンクの隣に直接ポン。

f:id:nekohaus:20160430184236j:plain

洗い物が少量であれば、布巾やトレイは敷きません。この時「ザル」や「網」があれば先に洗ってその上に重ねていきますが、水が切れないボウルなどは下を向けて。

f:id:nekohaus:20160430184237j:plain

すぐに拭いて、食器棚に戻します。

f:id:nekohaus:20160430184238j:plain

シンク隣が濡れているので…

f:id:nekohaus:20160430184239j:plain

食器を拭いた布巾で吸水して、おしまい。布巾はその都度交換(洗濯)し、カウンターを拭く専用の「台布巾」は持っていません。洗剤も台布巾も使わないけれど、作業の前後にカウンターや食器に直接アルコールスプレーを噴霧することが多いです。


今後の課題とこれから

災害時用にとカセットコンロを備えています。ただ、実は一度も使ったことがありません。道具の点検も兼ねて、近々「カセットコンロでの炊飯」にチャレンジしようと思います。


この2テーマのバランスが大事。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160430201443j:plain

昨日の箱が、今日も人気。

f:id:nekohaus:20160430201459j:plain

順番待ちの列に並べない子が、箱堪能中の子にアタック。

f:id:nekohaus:20160430201513j:plain

でも注目していきたいのは…

f:id:nekohaus:20160430201531j:plain

背後のちゃっかり者です。