読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

コンパクトなタオルと、見せる収納。

こんばんは、ヤマネコです。

今年に入って、手拭きのタオルをコットンガーゼのものから、薄手のリネンクロスに変えました。

f:id:nekohaus:20160428174728j:plain

とにかく乾きが早く、「前回(数時間前)拭いた場所」がいつでもサラサラ。家族が立て続けに利用すれば場所をずらしたくなりますが、以前のタオルに比べたら圧倒的に快適に使えていると思います。

そんな薄手クロスに最近追加したのが、こちら。

f:id:nekohaus:20160428174730j:plain

クリップ…ではなく、仕事中に前髪(横髪)を留めている、パッチンタイプのヘアアクセサリーです。

f:id:nekohaus:20160428174729j:plain

細いヘアピンは挿すのも外すのもどうにも下手で、パッチン型・くちばし型など「挟むピン」を好んで使っています。それを寝る前に洗面台の前で外すことが多いのですが、決まった置き場所がなく迷子になりがちでした。そこで薄くなったタオルに挟むようにしたところ、特に邪魔になることもなく、良い定位置を見つけた気がします。

厚みのあるタオルだとピンを留めておくのは難しかった(不格好だった)と思うので、薄いリネンの利点に肖った収納になりました。


それからもうひとつ掛けているのが、こちら。

f:id:nekohaus:20160428174732j:plain

洗顔後に顔を拭くためのミニタオルです。

f:id:nekohaus:20160428174733j:plain

昔100円ショップで買った5~6個セットのカフェカーテンフックのひとつに使用後の濡れたタオルを挟んであります。洗濯直前に回収するまではここで干しておくことに。

一度乾かして、また洗濯する、というのもなんだかおかしな話ですが、濡れたまま洗濯カゴに入れるのは抵抗があって。カビ対策の一環でもあります。

顔を拭くタオルに関しては以前にも記事にしていますが、顔が覆えれば十分だなとハンカチサイズを選んでいます。

二年ほど使っていますが、小さくて不便を感じたことはありません。肌触りは重視して「和晒ガーゼ」を愛用しているのですが、洗濯を繰り返しても生地の傷みが少なくお気に入りになりました。

もちろん、普段用のハンカチとしても優秀だと思います。


愛用のタオル類はちょっとずつ「薄く」「小さく」を選択するようになりました。宿泊先のホテルなどで、包み込まれるような大きなタオルに触れると贅沢だな~と幸せな気持ちになるので、それは特別な時のお楽しみに。

自宅ではコンパクトタオルの恩恵にあずかろうと思います。


関連テーマ。


時々、気になって気になって仕方がないのです。

f:id:nekohaus:20160428174745j:plain

床下点検口の「押すと起き上がる取っ手」が。

f:id:nekohaus:20160428174744j:plain

カチャッカチャッカチャッカチャッ♪
当初、夜中に響き渡る音の正体が分からず、怖くて仕方ありませんでした。よく見つけたね…。

f:id:nekohaus:20160428174743j:plain

写ってる。写ってるから。