ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

冬に知りたかった、ハチミツと失敗の話。

こんばんは、ヤマネコです。

冬の間にハチミツについて悩んでいたことがあるのですが、春めいてきたこの時季にようやく解決策を教えて頂きました。

f:id:nekohaus:20160413200203j:plain

ハチミツの結晶化

私は日常的にハチミツを使います。紅茶に入れたり、生姜湯を作ったりきなこ棒を作ったりどら焼きを作ったり、時には砂糖の代わりに煮物などに使うことも。用途は色々あって愛用していたのですが、冬の間、ハチミツが何度も結晶化してしまい困っていました。

f:id:nekohaus:20160413200202j:plain

右のボトルが本来の色と透明度、左の小ボトルが隅から隅まで結晶化してカチンコチン、白くなった状態です。

結晶化してしまった時の対処法

一度湯煎して完全に溶かせば、しばらくは結晶化しにくくなると聞いたのですが、冷暗所(コンロ下収納、おそらく10度前後?)に入れているのがいけないのでしょうか…月に1~2度は湯煎しなおさないと、この状態に戻ってしまいました。使いたい時に使えない、というのはちょっとストレスになります。

ハチミツの結晶化を防ぐ保存方法

結晶化対策として、一番良い方法は「冷凍保存」だそう。冷やしてはいけない、と思っていたので盲点でした。

家庭用冷蔵庫の場合、冷蔵室(5度前後)ではかえって結晶化しやすくなるそうですが、更に温度の低い冷凍室(マイナス18度前後)であれば、ハチミツが結晶化しやすい温度(5~14度)よりも格段に低くなります。味噌や酒粕と同じく、ややテクスチャが硬くなるだけで常に使える状態を保てるとのこと。

ハチミツにはずっと悩まされていたので、もうすこし早く知りたかった。これからの季節は常温でも大丈夫そうですが、来冬は冷凍保存にしようと思います。


湯煎の失敗

ちょっとオマケ的な話なのですが…実は、前出の大ボトルも結晶化してしまい、湯煎にかけて溶かしたものです。

f:id:nekohaus:20160413200201j:plain

ただ、この容器はあまり湯煎向きではなかったのか…

f:id:nekohaus:20160413200205j:plain

気付いたら、底が飛び出していました…!衝撃でした。

ちなみに、湯煎中はボトルの蓋を開けっ放しにしていましたし、ぬるま湯の温度設定を保っていたつもりですが、この有様です。

f:id:nekohaus:20160413200204j:plain

そのままでは自立しなくなってしまったので、現在はココット皿をスタンドにして立ててあります。

ハチミツ愛用の皆さま、どうかお気を付けください。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160413210920j:plain

未だに…

f:id:nekohaus:20160413210930j:plain

自分では乗れません。

もしかしてこれが原因かな…という検証写真でした。