読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

食器の新旧交代と、その理由。

こんばんは、ヤマネコです。

定期的に食器の見直しをしているのですが、先日、数年間愛用していた「どんぶり」を新しくしました。

f:id:nekohaus:20160331201202j:plain


新旧交代のどんぶり

購入したのは左、世代交代となる古いほうが右。

f:id:nekohaus:20160331201204j:plain

新旧どちらも白系ですが、厳密に言うと「ブルー系(透明感のある感じ)」と「グレー系(ちょっと重たい白)」で若干色味が違います。でも我が家の食卓は煌々と照らされた照明環境ではないし、いつもの料理が載っていれば大きく印象は変わらないかなと。

大きさは、真上から見るとすこし小さくなりました。

f:id:nekohaus:20160331201207j:plain

ただ、旧どんぶり(右)は上に向かって広がっているデザインなので、満水量に大差はありません。古いほうはハッキリわからないのですが、新しいほうの満水量は「870cc」との記載があります。

f:id:nekohaus:20160331201209j:plain

新しいほうはやや小ぶりかな?とも思いますが、うちで使う分には「いつもの量(麺類など)」が入りました。


交換する理由は、重さ。

買い替えの理由は「重さ」でした。

古いどんぶりは…533g。

f:id:nekohaus:20160331213410j:plain

新しいどんぶりは…363g。

f:id:nekohaus:20160331213423j:plain

200gにも満たない微々たる差にも思えますが、新しいどんぶりを最初に持った時は「軽っ」の一言。違いは明らかで、中身が入るともっと実感できます。

どんぶりは「持ち上げて使う」ということがあまりなく、当初は気にしていなかったのですが、我が家では収納する際に「同じ食器を重ねる」という方法をとっているので、仮に旧どんぶり5つを重ねたら、一ヶ所に2.5kgもの負荷が棚板にかかることになる…というのが気になっていました。

また、その重なったどんぶりを棚からまとめて出す時も、ズンッという重さを感じており、長いこと軽量のどんぶりへの入れ替えを検討していました。

軽量白磁のどんぶり。

選んだのは、軽さを売りにしているこちらです。

実はこちらのシリーズのごはん茶碗を愛用していて、「軽さ」と「扱いやすさ」を長年実感してきました。ただ、どんぶりは未体験。通販はどうしても「実物を見にくい」ので、最近まで実店舗をメインに別のものを探していたのですが、結局何年たっても「これ」というものが見つからず…とうとう買い替えることに決めました。

改めての感想としては、早く買っておけば良かった、です。食器も「軽さ」は大事ですね。


ものを見直す基準と、機会。

今回は買い足しではなく新調。何らかの不満を感じつつも「現在(経年劣化もなく)使っているもの」を入れ替えることに、私はすこし抵抗がありました。ただ食器の重さに関しては、なかなか解決策を見つけることができません。

  • 盛り付けの量を減らす?(たくさん食べたい人も?)
  • 収納方法を変える?(他の食器を減らさないと難しい)
  • 持ち上げる機会を減らす?(ゼロにはできない)
  • いっそ、どんぶりを持たない?(現実的ではない)

…そういうちょっと変わった試行錯誤が私は嫌いではないので、暮らしの見直しとして続けてきたつもりですが、とうとうそれを終わらせることに。

諦めるキッカケは、工夫を楽しめなくなってきた時。楽しめない時点で「ストレスを生むもの」に変化してしまうので、感謝の気持ちが残っているうちに見直して、貰い手(一応目星があります)を探すことにします。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160331215851j:plain

一生懸命、乗ろうとしているところ。

f:id:nekohaus:20160331215901j:plain

諦めたところ。

人猫ともども、ハンモック愛が止まりません。