ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

5年前の非常食開封と、水を注ぐだけの白米。

こんばんは、ヤマネコです。

数年前に揃えた非常食が複数種類あるのですが、最近またひとつ開封してみました。

f:id:nekohaus:20160326191957j:plain

リッツの保存缶。

こちらのリッツL缶を購入したのは、2011年の頭。

f:id:nekohaus:20160326191950j:plain

その賞味期限が今年の秋に迫っていました。そろそろ半年を切るので新しいものと入れ替えて、古いほうは開封することに。

f:id:nekohaus:20160326192000j:plain

中身は25枚入りの袋が5本、いたって普通のリッツ(クラッカー)です。

f:id:nekohaus:20160326192001j:plain

問題なかったのでこれ以上の撮影はしていないのですが、開缶から食べるまでに何の道具も必要なく、缶自体が錆びたり中身が湿気たりもしておらず、美味しく頂きました。そして同じリッツ缶を新しく購入して入れ替え済みです。

2011年には楽天で購入していたのですが、現在はアマゾンの方が一缶から送料もかからず手に入れやすかったので、私はそちらで注文しました。


「米モノ」は二種類準備。

それから、今年初めて購入したのが「アルファ米」。

f:id:nekohaus:20160326191952j:plain

「水か熱湯を注ぐ(&待つ)だけ」で食べられる、インスタントごはんです。

水の場合は一時間ほどかかりますが、湯の場合は15分。従来品のように(レンジで加熱したり)パックごと熱湯で煮る必要はなく、ただ注いで待つだけなので光熱費もだいぶ節約できると思います。

f:id:nekohaus:20160326191955j:plain
※全然関係ないのですが、左上の子のヒゲが、左下の子の目に…ごめん。

商品パッケージがスタンドタイプの袋型で、中にはスプーンまでついているそう。そのまま食器として使えるのは心強いです。

これ以外に、従来タイプのインスタントごはんも備えました。

f:id:nekohaus:20160326191954j:plain

6食分まとめてアルミパックに入っているので、それを開封しなければ長期保存が可能とのこと。

f:id:nekohaus:20160326191953j:plain

アルファ米一袋が100g(加水完成後は260g)で、270円くらい。
従来品の常備食用パックごはんが200gで、200円くらい。

実際には購入店によって価格差がありますし、後者が若干安いとも思いつつ、「食べる時の手間」を考えるとコストだけでは決められない印象でした。

アルファ米を食べたことがない私はあえて二種類買いましたが、将来的に「4~5年保存したアルファ米」を試食してみて問題なければ、次回はアルファ米だけを備えていこうかなと思っています。


次回の見直しは、2020年を予定。

今回買い替えた(買い足した)常備食の賞味期限は、すべて製造日から5年となっています。期限切れの半年前くらいには切り替えたいなと思うので、次はキリよく2020年に交換予定。見直しはなんだかんだで2~3ヶ月ごとに行っているので、おそらく忘れてしまうことはないかなと。

その他に短期消費のローリングストックもしているので、「自宅待機時の食事」についてだけは心配が減らせたかなと思います。

f:id:nekohaus:20160326191951j:plain

五年ごとにまとめて交換となると出費も重なりますが、そのほうが管理しやすくて安心。これらは必要なものなので、優先順位を下げることなく確認を続けていきます。


関連テーマ。

スーパーセールも始まったので、こちらもお忘れなく。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160326191956j:plain

これらのごはんが届いたのは今月の頭なのですが、その箱が今も大人気。

f:id:nekohaus:20160326191958j:plain

ボロボロになるまで活躍させて…

f:id:nekohaus:20160326191959j:plain

梱包材も「使い切って」手放します。