読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

シンクを使って、15分で作るモチモチおやつ。

こんばんは、ヤマネコです。

月末に「ゆっくりお菓子づくりをする時間」を捻出できない暮らしをしています。でも往復15分かけてお菓子を買いに行くより、同じ時間で簡単に何かを手づくりするほうが私には気軽でした。

f:id:nekohaus:20160323190505j:plain

そんなわけで今日作ったのは、先日もちょっと記事にした「八つ橋の皮(きなこまみれ)」です。


材料
  • 白玉粉…100g
  • 水…100cc
  • 砂糖…30~50g
  • きな粉+シナモンパウダー…好きな分量で(打ち粉・まぶす分)

尚、今回はシナモンパウダーを省いてきな粉だけで作りました。


作り方
  1. 耐熱ボウルで、白玉粉・水・砂糖を粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
  2. 混ぜたボウルにラップをして、電子レンジ500Wで一分半。
  3. 加熱が終わったら出して混ぜる。
  4. 再びラップをして、電子レンジ500Wで一分半。
  5. 加熱後、再度出してしっかり混ぜる。
  6. きな粉・シナモンパウダーをまぶしてボウルから出し、麺棒で伸す。
  7. 好きな形に切ったら、完成。

レンジで作るレシピはこちらを参考にさせて頂きました。

cookpad.com

うちのレンジの600W(元レシピ参照)だと強すぎるのか、加熱後の生地がカラッカラに乾いてしまったので、ワット数を低く調整しました。


伸すのは、シンクが便利。

加熱後、伸す作業はシンクを使っています。
(使用後はいつも拭いているので乾燥しています)

f:id:nekohaus:20160323190500j:plain

打ち粉にきな粉+シナモンパウダーを使って、平たく伸すだけ。敷いているのは使い捨てないオーブンシートです。

先日もちょっと書きましたが、シンクを使えば粉が散らばっても掃除が楽。パンをこねる時はカウンターの上で作業することも多いですが、それほど力を必要としない時はシンクを活用しています。

f:id:nekohaus:20160323190502j:plain

先に小分けにしてから伸していけば、シンクの広さはいりません。

好みの厚みに伸し終わった、一枚の皮は…

f:id:nekohaus:20160323190504j:plain

好きな大きさにカットしたらできあがり。もっちもち。

そのまま食べても、あんこなどを包んでもいいし、黒蜜を垂らしても。またきなこの代わりに片栗粉を使ったり、チョコレートや生クリームと合わせたり。「皮」なので多用途に使えるかなと。


持っているものは、使ってこそ。

今回の作業、手慣れてしまえば計量から完成まで15分程度。時間がある時は上新粉なども加えて「鍋で蒸して」作りますが、少ない材料で電子レンジを活用すれば簡単でした。

レンジは私にとって必須家電ではないのですが、活用させるかは自分次第。なければないで補う方法を探しますし、あるものは活用する。ありがたく、お世話になっています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160323190457j:plain

どうやらきなこのニオイがする手をクンクン。

f:id:nekohaus:20160323190456j:plain

「そんなもの嗅いじゃいけません!」な反応。