ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

春にオススメしたい、台所で育てるもの。

こんばんは、ヤマネコです。

春めいた気候で過ごしやすくなる季節。昨年から週1~2回手づくりしているヨーグルトの完成が、とても早くなりました。

f:id:nekohaus:20160321180454j:plain

春の発酵食品は、育ちがいい。

カスピ海ヨーグルトの培養を始めて、一年ほど経ちました。

牛乳に種菌を入れて、待つ。それだけの仕掛けでヨーグルトが増えてくれるので、植物とはまた違った「育てる」楽しみを感じます。

f:id:nekohaus:20160321180445j:plain
種菌はネットで購入して、三ヶ月ごとに交換しています。

その他にも、納豆をつくったり…

f:id:nekohaus:20160321180452j:plain

麹で甘酒をつくったり。

f:id:nekohaus:20160321180444j:plain

いずれも「発酵」の作業。別途タオルを巻いて保温などもするのですが、気温が上がるにつれて管理しやすくなりました。

夏はうっかりすると過発酵に…という心配もあるため、関東の今くらいの季節は、様子を見ながら実践するのにちょうど良い気温だなと感じます。


発酵食品を摂ると、いいことありそう。

ヨーグルトは身体を冷やす食べ物のようで冷え性さんは要注意ですが、これからの季節は暑さ対策の味方になってくれるかなと。整腸や美肌効果にも期待。

大豆には反栄養素が多量に含まれていて、必要なミネラル分を排出してしまうなどのデメリットがあるそう。だから大豆を食べるなら味噌・醤油・納豆など発酵させてからが良いという話(一説)を最近知りました。私はあくまで「大豆も摂り過ぎてはいけないのかも」と思っただけで極端に排除することはしませんが、もともと発酵食品も好きなので、結果的に「自家製納豆は良さそう!」と自信を持ってつくっていきます。

麹甘酒は飲み物にしてももちろん良いのですが、これからの季節は砂糖の代用「甘麹」として出番が増えそう。キビでもなく、ダイコンでもない、第三の甘味として活躍してくれます。同じく塩麹や醤油麹も手づくりします。


ちょっとした食器が多用途に。

発酵食品から話がずれるのですが、冒頭のグラスはデュラレックスのプリズム(小さめ170cc)です。

光の反射がすごくキレイでお気に入りなのですが、これには飲み物以外にもデザート(ヨーグルト)を盛り付けたり…

f:id:nekohaus:20160321180453j:plain

小分けした納豆をかき混ぜたり。

f:id:nekohaus:20160321180443j:plain
※写真では、細切り昆布茶と一緒に混ぜています。

こだわる方は別々の食器(納豆なら和食器?)を持つのだろうけれど、我が家では種類は少なく多用途に。その代わり、家族の人数分よりすこし多めに持って管理を楽にしています。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160321180456j:plain

全員ではないけれど、ほぼ毎日欠かさず猫たちを写真に収め、記録を残していくことを感慨深く思いながら撮影しています。

f:id:nekohaus:20160321180455j:plain

そんな私の親心(?)も知らず、この後、理不尽な猫パンチをお見舞いされました。