ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

春しごと、ねこりきり。

こんばんは、ヤマネコです。

先日、白あんを作りました。

f:id:nekohaus:20160312170212j:plain

アレンジは色々考えていたのですが、白あんを素材にして一番作りたかったのが、ねりきり。


練って切って、ねりきり。

大福やお団子といった素朴な和菓子も大好きですが、時には上品なものも頂きたくなります。特に、ねりきりが好き。

ねりきりは白あんを主体に生地をつくり、植物や生き物などのデザインをかたどったオシャレな和菓子。ちょっと特別なお茶席で食べたくなります。

本来は職人技が必要なお菓子ですが、材料はとてもシンプルなのだと気づき、私は粘土感覚(すみません…)で挑戦することに。


春色ふたつ、生地づくり。

まずは材料を混ぜて加熱していきます(ちなみに白あんは一時的に冷凍しておいたので、自然解凍させてから使用)。

f:id:nekohaus:20160312170210j:plain

もったり生地ができあがったら二つに分けて、片方はピンク色に着色。

f:id:nekohaus:20160312170213j:plain

着色料はあまり多用しませんが、時々使うとその可愛さにときめきます。タール色素(赤色○号)ではなく、植物性色素(ベニコウジ)を買いました。

それぞれの色の生地をピンポン玉くらい(私は大小様々)に小分けして丸め、そこから成型していきます。


練って、切って、ね。

使った道具に特別なものはなく、普段用のスプーンと爪楊枝、あとは素手のみです。ちまちま作業して…

f:id:nekohaus:20160312170216j:plain

なぜか当初の予定になかった、桃っぽいものを量産。作業が簡単なのと、グラデーションを出すのが楽しい!と気づいて。

隣で見切れている花は更にいびつですが、慣れたら絶対に作るのを楽しめるデザイン。やはり私の中では粘土細工に似た作業でした。

その後もアレコレ試行錯誤して、一番作りたかった「猫」を作成。

f:id:nekohaus:20160312170218j:plain

猫??です。

f:id:nekohaus:20160312170217j:plain

猫のねりきり、です。

f:id:nekohaus:20160312170214j:plain

ねこりきり、です。


ひとり、茶席。

そんなわけで、久しぶりに茶道具を出してお茶をたてました。

f:id:nekohaus:20160312170221j:plain

我が家に畳はないし、今回はお懐紙まで切らしていてまさかのレースペーパーですが、気分だけ。

ねりきりの生地の主な材料は、「白あん」と「求肥(白玉粉+水)」。

f:id:nekohaus:20160312170215j:plain

作業はケーキなどを作るよりずっとシンプルで、(素人が満足するレベルであれば)意外と簡単だったので、今後も時々作ってもっとキレイな形になるよう鍛錬に励みます。

利用したレシピとは所々違うのですが、基本の生地はこちらが参考に。

www.kyounoryouri.jp

家族そろっての作業も楽しいだろうなと思うお菓子づくりでした。


関連テーマ。


ここ数日、寒の戻りで布団から出られません。

f:id:nekohaus:20160312170222j:plain

猫が。

f:id:nekohaus:20160312170223j:plain

私が起きるのは日の出前で、一通り朝家事が終わってから寝室を見に行くと、うちの猫はまだ同じポーズで寝ています。

f:id:nekohaus:20160312170224j:plain
※ピンクのシマシマは、電気毛布です(電源は寝る前に切ります)。

日が昇ったら否応なしに布団をはがすので、非難の視線を送られる日々。早くあったかくなってほしいものです。