ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

防災用品の見直しと、今大切にしたいこと。

こんばんは、ヤマネコです。

「あれから五年」という言葉を、今日はたくさん見聞きしました。

f:id:nekohaus:20160311203811j:plain

今年に入ってから、今日に向けて災害時用の荷物の見直しを続けていました。必要だった買い足しも、ほぼ済ませた後です。

f:id:nekohaus:20160311203802j:plain
※衛生用品やローリングストック品など、写っていないものもあります。

今日は、普段はバッグなどにひとまとめにしているものを全部出して総点検。

我が家では昨年、一部のアイテムを袋詰めにしています。主に水害を避けるためでした。

バスタオルと寝具などを兼ねる、ハーフケット。

f:id:nekohaus:20160311203805j:plain

200mの、トイレットペーパー。

f:id:nekohaus:20160311203806j:plain

色々用途を考えられる、ニトリル手袋。

f:id:nekohaus:20160311203809j:plain

靴が水浸しになった時のための、サンダル。

f:id:nekohaus:20160311203810j:plain

これは濡れても良いものですが、他のものが汚れないよう袋詰め。

更に鞄の中に大きなビニール袋を入れて(ゴミ箱にゴミ袋をかぶせるように)、そこに荷物を収めています。

f:id:nekohaus:20160311203807j:plain

水害には強くなったかなと。

ただ、逆に通気性が悪くなったのでは…という心配もあって、時々全出しして換気するようになりました。今のところ問題なく、食品などはその都度賞味期限を確認するので良い習慣です。


五年前の3月11日、失ったものが多すぎたあの日。今でも当日のことを思い浮かべると、なんとも言えない気持ちで肌が粟立ちます。

節目を迎えるたびに何かしなければ、何ができるだろう?と考えてしまうのですが、本来「3月11日だから何かしなくては」と思うのではなく、365日(今年は366日)心が平穏であればいいと思います。波なく、必要だと思った時に必要なことを考える。それがシンプルさだと。

ただキッカケがあることで「多くの人と共有できることは多い」と感じるのも本音。それは悲しみだったり、勇気だったり、有益な情報だったりします。


そんな本日。当たり前のように毎日続けるべきことだけれど、一日「人に(猫にも)やさしく」を心掛けて過ごしました。

当たり前のように毎日が来ないかもしれないから、今日思うこと、今日したいことをする。小さなことでも、大きなことでも動く。非力な自分にもできることのひとつが、そうした悔いのない日々を積み重ねていくこと。

こちらは多くのブログで紹介されているのをお見掛けしましたが、今年も「私にできること」をひとつ重ねることができました。

fukko.yahoo.co.jp

2016年3月11日、ヤフーで「3.11」と検索してみてください。
Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、Yahoo! JAPANから被災地の復興にたずさわる団体に寄付されます。

負担が必要なのは、クリックの手間と時間だけ。
興味がありましたら、ぜひ。


「備え」のためのコミュニティ。


本日の、割烹着で抱っこ猫。

f:id:nekohaus:20160311220224j:plain

毎日ちょっとずつでも成長したいと思うのですが、「変わらないこと」も大切にしたいです。