読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

手づくり和菓子、生八つ橋とよもぎ餅。

こんばんは、ヤマネコです。

先週、初めて「白あん」を手づくりしました。

f:id:nekohaus:20160307192513j:plain

白あんづくりも、意外と簡単。

小豆あんは頻繁に作るのですが、なぜか白あんは難しい気がしていたのです。でも豆(白花豆)さえあれば簡単なんですね。

f:id:nekohaus:20160307192514j:plain

まずは他の乾燥豆と同じように(小豆とは違って)、一晩水に浸してから煮始めて、途中で皮を剥いたら更にコトコト。しっかり煮えたら水を捨て、砂糖で味をつけます。

f:id:nekohaus:20160307192515j:plain

最後に濾しました。

f:id:nekohaus:20160307192518j:plain

フードプロセッサーがあれば皮ごと使えるようですが、我が家のこし餡づくりは昔ながらの方法で。

f:id:nekohaus:20160307192521j:plain

250gの乾燥豆から、およそ570gの白あんが完成です。
(皮を取り除いたのと、途中で何度もつまみ食いしたので少なめ)



八つ橋のような、創作ホワイト和菓子。

作った白あんを使って…

f:id:nekohaus:20160307192525j:plain

八つ橋風の和菓子を作りました。

昔から「生八つ橋の皮」が好きなのですが、自宅で作れることを知ってからは、好きな時に「皮だけ」を食べられるようになりました。

ベースは「白玉粉」と「米粉」、打ち粉に「きな粉」と「シナモンパウダー」があれば完璧、と思える生八つ橋の皮が完成。今回はその打ち粉を使わずに仕上げ、中に白あんとクルミを包みました。

f:id:nekohaus:20160307192526j:plain

(留守中の)家族の分はグラシンシートを敷いたのですが、なくても大丈夫そうだったので次からは使いません。

打ち粉を控えたのは、せっかく白あんを使うので真っ白なお菓子にしたいと思ってのことで、希望どおりにできました。


旬のよもぎ、干して刻んで餅にして。

更に、以前知人宅の敷地で収穫させてもらった「よもぎ」を乾燥させ、粉末にしたものがあったので…

f:id:nekohaus:20160307192522j:plain

上新粉と合わせて、よもぎ餅(草餅)も手づくり…作ったといっても、材料をこねて蒸しただけです。

f:id:nekohaus:20160307192523j:plain

職人さんが手掛けた美しいお菓子とはまったくの別物ですが、こういう簡単に作れる素朴な和菓子も大好きなんです。

乾燥よもぎはまだストックがあるので、また餅を作ったり、バジルペーストのように料理のソースにも使う予定。迷いながらもアレコレ試せるのが、手づくりの醍醐味だと思っています。


白あんも冷凍保存できますが、まだ作りたいものがあるので順次チャレンジしていきます。

以上、先週末の手づくり和菓子でした。


関連テーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160307192529j:plain

お互い、気づいていません。

f:id:nekohaus:20160307192530j:plain

気づいた。