ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

何のために「スリッパ」が必要か。

こんばんは、ヤマネコです。

この家で暮らし始めた頃、掃除を頑張って「素足で歩ける」サラサラなフローリングを目指していました。今も掃除は続けています。でも夏場も素足で歩くことはありません。

f:id:nekohaus:20160219205250j:plain

スリッパを履くのは、床のため。

過去にも何度か触れたのですが、真夏でもできるだけ「素足」では床を歩かないようにしています。寒さ対策、滑り止め効果…メリットは色々ありますが、一番の理由は「足の皮脂」が床材やワックスを劣化させてしまう原因になると聞いたため。

素足厳禁というほどではありませんが、室内履きは家族用と来客者用、共に常備しておくようになりました。

家中の雑巾がけも毎日欠かさずしているわけではないので、代わりにスリッパを履くという選択も、床のためには良いのかなと思っています。

また月に数回、天然ワックス(犬猫にも安心とされているもの)を使っています。


履くなら、季節に合わせて快適なものを。

家族用はほぼ半年ごとに新調しています。ざっくり「あったかい期間用」と「さむい期間用」の二種類。

夏場は友人(職人)が手作りしている布草履を頂けるため、家族そろって「素足に草履」というスタイルになりました。冬はスリッパを買う年もありますが、「タイツに厚手の靴下」という重ね履きで過ごすことも。今冬はグンゼのルームシューズを愛用していました。

薄手の布製シューズなので冷え性の方だと寒いかもしれませんが、フィット感が高く動きやすさは過去一番。このまま小さめのバスブーツなども履けるので、家事で動いている間も楽ちんでした。


スリッパの我が家ルール。

家族用には「底の厚いスリッパ」はできるだけ買わないようにしています。それは猫を踏みそうで怖いから、という我が家ならではの事情。厚手のほうがあったかいのですが、底が厚いと猫のしっぽなどの感触に気づかず体重をかけてしまいそうで…。

ただ、冒頭の写真に写っていたスリッパは、まさにモコモコの底厚タイプ。足サイズに関わらず使えるよう、大きめのものを選びました。

f:id:nekohaus:20160219205249j:plain

しかも猫スペースで履いています。
(レールを境に、手前が「猫の立ち入り禁止ゾーン」※猫も理解)

ここにスリッパを置いている理由は、猫用トイレに近いから。うっかり木製の砂を踏みつけると足つぼ刺激のようでものすごく痛いため、トイレ掃除を手伝ってくれる家族用に。狭い範囲のみで履くものですが、いずれも我が家特有の配慮です。

また私は、来客者への配慮として「犬や猫が素足で歩く家」は、特にスリッパを用意しておいたほうが良いと感じるのです。どんなに掃除を徹底していても、家族間で当たり前になっていても、口にせずとも「汚い」と感じる来客者がいる可能性はあるからです。


ゲスト用スリッパも必要。

私が猫のいない一人暮らしをしていたら、スリッパは必要ないと思っていたかもしれません。ましてやゲスト用まで用意しなかったかも。

今は素足(ストッキング含む)で来訪される方の可能性も考えて、来客者用スリッパを備えています。前述のとおり「床を汚い」と感じる方がいたり、夏場などは「(自分の)足の汗ばみやニオイ」を気にされる方がいるかもしれないから。

実際、私は友人宅で気になることがあります。「サンダルで来なければ良かった」とか、靴下を履いていても「猫の毛持ってきてないかな」と。そんな時スリッパを出して頂けるのはとても有難いです。


ゲスト用のスリッパを買い揃えたのは五年前。実は劣化(猫がじゃれついてしまったりして)するたび処分していて数が減ってしまったので、今年は買い足し、或いは新調をと考えているところです。


いつも間に立って、気持ち揺れるテーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160219205252j:plain

「ここ、ここ汚れてますけどっ」
…というのを冗談でなく、よくやられます(なんにもない場所で砂かきのような動作…何かのニオイが残っている場合など)。

f:id:nekohaus:20160219205251j:plain

「掃除機?かけたいの?どうしよっかな~…」
…というのも、日常茶飯事です。どいて。