読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

新しい特別、冬もリネンタオルが魅力的。

こんばんは、ヤマネコです。

新年にタオル類の一部を入替えて、一ヶ月とすこし。とても快適に使えているので紹介させてください。

f:id:nekohaus:20160209181910j:plain

昔は「選ばないタオル」を使っていました。

ずっと頂きもののタオルに囲まれて育ってきました。色柄にも無頓着だったのが、自分で選べるようになってから質やデザインに気を遣うようになりました。

またふかふかタオルも大好きですが、自分で洗濯するようになってからは乾きやすさなどを重視し始め、薄くてコンパクトなものを選ぶようになりました。

日常用のタオルはフェイスタオルより小さいものだけ。

バスタオルは猫用、或いは湯たんぽなどを「包む」用途のみで使っています。


リネンは「育てる暮らし」につながる。

ずっとコットン素材ばかりを選んでいましたが、昨年改めて「リネン(麻)」の良さを感じ、今年からリネンタオルを取り入れています。私が購入したのは、「タオル」と呼びながらもとても薄いので「布巾」のような感触。

f:id:nekohaus:20160209181905j:plain

昨年購入した、無印良品のリネン割烹着と同じくらいの質感かなと。衣類もタオルも新品のリネン素材はすこし硬く、やや水の吸いこみも悪く感じるのですが、使い込むほどに柔らかく吸水性もアップ。室温の低い今の季節でも、乾きやすいのを実感します。

f:id:nekohaus:20160209181906j:plain

シワになりやすい素材でアイロンがけが必要かと思いましたが、洗い方・干し方の工夫だけでまったく気にならなくなりました。

いつもサラサラで気持ちがいいです。


リネン・コットンで使い分けます。

リネンは納得の使い心地でしたが、キッチン用の「手拭き」だと薄すぎて心もとないし、小さいサイズにこだわるなら身体を拭く(バスタオルの代用にする)のも不便です。

またコットンタオルより選択肢が少なく、すこし割高なのがデメリット。

f:id:nekohaus:20160209181913j:plain

厚みやサイズ、質感などを含め、必要に応じて選択肢の多いコットン素材と使い分けるのが理想的かなと思っています。


購入した亜麻クロス。

私が購入したショップでは、同じリネンでも「麻」と「亜麻」などの素材違いがありました。両方買ったのですが、記事(写真)にしているのは「亜麻」のほう。

無地を求めて色々悩み、こちらで購入することを決めたのですが、このナチュラルな雰囲気に惚れ込んでいます。洗濯・天日干しを繰り返すほどに色合いも変わっていく…そんな育て方も楽しめるとのこと。

フェイスタオルよりやや大きめのLサイズには、中央のフック付き。

f:id:nekohaus:20160209181907j:plain

そして収納スペースも、よりコンパクトに。

f:id:nekohaus:20160209181909j:plain

左から、一般的なフェイスタオル、薄手のガーゼタオル、リネンクロス。フェイスタオルより大きめなのに、畳めばポケットに入りそうです。

f:id:nekohaus:20160209181904j:plain

今回のリネンクロスは、洗面台の横にあるタオルバーに掛けて「手拭き」にしました。乾きやすいので毎回とても気持ちよく使え、この季節でも「じめっと感」とはほとんど縁がなく、水まわりの快適さを手に入れています。


色んな方のタオル選びの基準を拝見できるテーマ。最近はバスタオルをやめる方が多いようで、その理由にも共感します。

バスタオルは高いので、私は一度も買ったことがありません…。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160209181902j:plain

彼の不満げな顔(?)が好きです。

f:id:nekohaus:20160209181903j:plain

話しかけると見上げてくれる、彼の視線も好きです。