ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

あったか金柑しごと、光熱費も無駄なく使う。

こんばんは、ヤマネコです。

先日「青い」と戸惑いつつ記事にした金柑を、黒糖煮にしました。

f:id:nekohaus:20160128205546j:plain

金柑の効能は?

咳痰・食欲不振・消化促進・喉の痛みなどに効果があるそう。何度か書いたことがありますが、喉が弱いのでのど飴が欠かせません…が、今年は自然のパワーも借りることに。

f:id:nekohaus:20160128205545j:plain

グラニュー糖を使うレシピが多かったのですが、黒糖が余っていたのでそちらを使いました。黒糖自体も栄養価が高く、美容健康にも良い食品と言われています。

ちなみに柚子はご近所さんの庭で収穫されたものを分けて頂いているのですが、金柑は購入した地元産。どちらも有難いことに無農薬品です。


金柑の甘露煮(黒糖煮)

今回も色んな情報を取り入れながら、最終的にこちらの簡単レシピを参考にさせて頂きました。

kenkou-tabemono.info

ただ他のレシピで見かけた「浅く刃を入れる」の意味が今ひとつ理解できず。5mmほど包丁を入れてみた結果、昔のゲームキャラクターのように破裂しました…これは次回の課題に。

f:id:nekohaus:20160128205548j:plain
※爪楊枝で穴をあけるだけでも良かったようです。

味はほどよく甘酸っぱく、美味しくできたと思います^^

f:id:nekohaus:20160128205547j:plain

とろみのついた煮汁は、実を取り除いた後も香りがよくて美味しい!これは別に保管しておき、お湯で割ったり紅茶に入れながら「喉に良いシロップ」として頂きます。

* トラコミュ 旬の食材で作る料理&レシピ・食べ物


保存瓶の準備は、他の家事とあわせて。

保存用の容器は、柚子茶と同じくボルミオリロッコの小さなサイズを使います。ただ、煮沸・移し替えは後回しにしました。

f:id:nekohaus:20160128205549j:plain

煮沸するには鍋にたっぷりの熱湯が必要なのですが、その残り湯(熱湯)で布巾やタオルも煮洗いすれば光熱費の無駄が減るかなと。

まずは瓶を熱湯に入れて5~10分煮沸、瓶を出し気化熱で乾かしている間、鍋の残り湯に布巾やタオル+重曹を投入して煮洗いするだけ。でも布巾などは、一通りの家事が終わってから煮沸したいので後回しに。

ちなみにその残り湯で排水パイプも掃除して使い切る予定です。


傷んだ金柑でも、あったまる。

実は今回購入した(買ってきてもらった)金柑1kg、ちょっと傷んだ実がチラホラありまして…それらはすぐに捨てないで、すこし切れ目を入れてからお風呂に浮かべました。柚子湯ならぬ、金柑湯。血行促進、冷え性改善、そして美白効果もあるそう。

金柑湯としての使い方は知らなかったので、台所仕事以外にも、良い勉強になりました。


無駄なく使い切るアイデアは、こちらのテーマにもたくさん。


本日の猫の、日向ぼっこ。

f:id:nekohaus:20160128205555j:plain

皆が外の世界にご執心の中、なぜかこっち向きに座ってしまった個性派。

f:id:nekohaus:20160128205554j:plain

「これ、カメラ?写ってる?」な、お調子者。