ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

用途の少ない道具でも、選んで持って便利に使う。

こんばんは、ヤマネコです。

今日はチップスメーカーでおやつを作りました。ジャガイモをスライスして、専用スタンドに立てて、レンチンする、という道具です。

f:id:nekohaus:20160120204805j:plain

他の野菜でも作れますが、他の用途は特に思いつきません。うちでは完全に単用途。でも十代の頃からの愛用品で、今も大事に使っています。

f:id:nekohaus:20160120204759j:plain

ジャガイモ一個と10分あれば、ヘルシーな野菜のおやつの出来上がり。

これを購入した当時、「電子レンジで○○が作れる」系のアイテムにはまって本当にたくさん買いました。もともと苦手意識のあった料理が簡単にできたり、手間が減る、エコになるという魅力に憑りつかれて。


※持っていたもののごく一部です。

勿論どれも使ってみれば便利でしたが毎日必要なわけでもなく、形は不揃いで大小様々、普段は収納を圧迫するだけと邪魔者扱い。

もともと分かっていた筈ですが、いずれも他の道具で代用できることを確認した上で、大人になってからほとんどを手放(譲渡)しました。


チップスメーカーは、数少ないその取捨選択時の生き残り。道具を使わないでチップスを作るレシピもあるのですが、うちのレンジとは相性が悪く希望どおりにはできませんでした。

この専用メーカーの出番は月に数回程度ですが、「お菓子はできるだけ買わずに作る」を基本にしているので「うちには必要なアイテム」として活用しています。

f:id:nekohaus:20160120204803j:plain

本来は「多用途」な道具が好きです。シンプルなものほど発想力がかきたてられ、多くの使い道を見つける楽しみがあるから。

逆に、最近は「単用途」な道具にマイナスイメージを持ってしまうようになりました。ただそれは道具が悪いわけでなく、私が使いこなせないだけ。更なる発想力や、使いこなす気合が足りないだけ。

でもそういう不器用さや性格を自覚して、収納スペースに「入ればいい」でなく「選んで入れる」を考えることが、持たない暮らしを考え始め、私が学んだ大事なことのひとつです。


今の暮らしのヒントになるテーマ。


日々のおやつや食事の参考になるテーマ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160120204806j:plain

チップスは「油で揚げる」方法なら道具も必要ありませんが…

f:id:nekohaus:20160120204807j:plain

うちは猫も食べるので、ノンオイル&味付けなしのシンプルチップスを作っています(本当は砕いてからあげます)。