ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

骨格診断と、冬のあったかポンチョ。

こんばんは、ヤマネコです。

今日は肌寒い一日で、久しぶりにポンチョを羽織りました。

f:id:nekohaus:20160117210002j:plain
※昨年の画像の再掲です(ドメイン部分は差し替え)。

留め具などがない頭からかぶるタイプのポンチョで、昨冬も記事にしていたもの。

以前はダウンベストを内側に着ていたのですが、今年はそれほど寒くもなく、カットソーやTシャツの上に直接ポンチョを羽織っています。

f:id:nekohaus:20160117210204j:plain
※拡大写真なのでぼやけてしまいました。ごめんなさい。

ベージュのニット素材なので多少毛玉もできますが、お手入れしながら数年愛用中。このままご近所へ出ることもあります。


話が飛びますが…昨年、ブロ友さんの間で賑わっていた「骨格診断」。

「大きく3タイプに分かれる骨格タイプをプロに診てもらい、洋服選びなどに役立てる」というものでしたが、私の場合は目星をつけた数店舗でことごとく予約がとれず、年末にとうとう心が折れてしまいました。いずれは受けてみたいと思うのですが、今は時宜ではないのだと悩むのをやめることに。

自己診断「ナチュラル」を活かすことで納得しています。


ご興味のある方は、こちらでも自己分析ができます。

www.kokkaku.jp


こちらのトラコミュも参考になりました。


というわけで自己診断、私は僅かにウェーブ要素の入ったナチュラルでした。

どうしていきなり骨格診断の話を始めたのかと言いますと、「タイプ:ナチュラル」と「アイテム:ポンチョ」は相性が良いとされているため。ファッションセンスには自信が持てずにいますが、昔からポンチョとは割と仲良くできている気がします。

この形なので、動き回ってもずり落ちないのが安心。猫を抱いて座っている時は「猫にもかけてあげられる」のがメリットのひとつ。完全に実用性重視で着ていましたが、飽きることなくあったかく、お気に入りの一枚。いつかアウターを選びなおす時も、ポンチョ型が良いかなと思っています。


あらためて「着画って参考になる!」と実感したテーマ。


昨日の猫、顔や目力(?)をたくさん褒めて頂いたのですが(なぜか私が照れました…)、こっちの彼は…

f:id:nekohaus:20160117204011j:plain

変顔もレパートリーのひとつです。