ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

冬の水仕事と、麻のハンドケア。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年の晩秋から、大掃除、クリスマス、正月準備…などなど水の冷たさが厳しくなる季節に水仕事が増えていました。同時に手荒れも気になっていたため、新たなハンドケアを始めています。

f:id:nekohaus:20160104184322j:plain

昨年末に新しく購入したのが、「麻」素材のおやすみ手袋。

名前のとおり就寝中につけるタイプなのですが、当初私が想像していたよりもずっと気持ちがよかったです。

テーマ:リネン(麻)大好き!


おやすみ手袋の効果的な使い方。
  1. ハンドクリームやオイルでしっかりケアする。
  2. 手袋をつけて就寝。

これだけです。

私の場合はもう「ハンドケア専用品」は買っていないので、ホホバオイルやワセリンなどを塗って、それから装着しています。

もともと就寝中は、綿素材の手袋をつけて寝るのが長年の習慣。


※100円ショップでも見かけます(ホームセンターで複数枚セットを買うとお得)。

綿手袋は安いし装着感も悪くはなかったのですが、私の体温が高めなせいか時々蒸れることがありました。蒸れるとそれが荒れにつながることもあり、新しい対策のひとつとして「素材」を変えてみることに。


余談ですが、友人からは「シルク素材」の手袋を勧められたのですが、すこしだけ動物製品を控える生活をしているので保留にしました。でも、シルクは安定の高レビュー商品だと思います。


綿から麻へ、一ヶ月使用した感想。
  • 手袋だけでは「しっとり」とはいかない。
  • オイル+手袋で、傷(アカギレなど)の癒えが早く感じる。
  • オイルケアだけの時より、しっとり感が持続する。
  • 蒸れたり、暑すぎることはない(通気性バツグン)。
  • 触れても「ひんやり感」がなく、起きた時の指先がポカポカ。
  • しめつけなしで、装着の違和感なし。
  • 洗濯後の乾きが早い、ただシワに(くしゃっと)なりやすい。

などが感想です。

ちなみに私は(背は低いですが)手足のサイズは人並みだと思います。今回の手袋は、女性用Sサイズ(実質「女性用」と明記があるのはこのワンサイズのみ)でちょうど良いフィット感でした。


綿との違い、麻の良しあし。

私がこれまで使ってきた綿の手袋と大きく違うのは、生地の目の粗さ。メッシュと呼べる薄い生地で、通気性がすごく良い!それなのにあったかいんです。

f:id:nekohaus:20160104184324j:plain

麻は硬いかな…と思いましたが、意外にも柔らかくて驚きました。

f:id:nekohaus:20160104184321j:plain

やや華奢なつくりなので割高とも感じましたが(綿の手袋はだいぶ安かったので)、一ヶ月洗濯を繰り返しても今のところ傷みは感じず*1、更に柔らかく育ち、長く付き合えそうな気がしています。


私が「クリームよりも、手袋」を使う理由。

年末年始、特に大掃除や御節準備期間中はちょこちょこアカギレが出来てしまい、手持ちのオイルなどではケアが不十分かな…と、ハンドクリームの購入を迷っていました。

ただ私がクリーム類をやめた理由のひとつが、「物を減らしたい」と思う以上に「猫が手を舐めるから」。色んな薬品の入ったものを猫が口にするのに抵抗がありました。悩んだ末に手袋の素材を変えることで落ちつけて良かったと思います。


市販のハンドケア化粧品ほど即効性もなく、家事を続けている限り手荒れとはイタチゴッコで切れない縁ですが、最低限のケアをしながら、悪化させないよう努めていこうと思います。


猫に優しく、自分が楽なケアを求めるのが私のテーマです^^


本当に必要なものを見つけるための記事は、こちらにもたくさん。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20160104184327j:plain

手袋の撮影を寝室でしていたのですが、背後で猫が布団を掘って(掘る仕草をして)いました。

f:id:nekohaus:20160104184326j:plain

ひとしきり掘った場所に、落ち着く。不思議な作法です。

*1:本来は「手洗い推奨」の品ですが、ネットに入れて洗濯機で洗っています。