ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

殺風景を活かして、ホワイトクリスマス。

こんばんは、ヤマネコです。

先日から何本増産するのだと言われそうですが…こたつに入ると眠くなるので、ちょこちょこツリーを作っています。

f:id:nekohaus:20151218174035j:plain

今回の素材も白いA1サイズの紙(コピー用紙のような厚み)。クリアファイルなどで多いのがA4サイズですが、それを八枚並べた大きさ。

f:id:nekohaus:20151218174029j:plain

同じ紙を窓に四枚使いました。実はロハコで「安い!」と興奮して買ったのですが、すぐに売り切れてしまってがっかりしています…。

f:id:nekohaus:20151213214018j:plain

A2サイズは在庫あり(ただし、在庫限りのアウトレット)。

ここから最大限とれる幅で正方形用紙を作り、以前の折り紙ツリーと同じ方法で折ったり切ったり。大体ひとつ10分程度の作業を続け、出来上がったのがこちらです。

f:id:nekohaus:20151218174036j:plain

部屋の家具が少ないのはこういう時に便利。昨日ここにあったテーブルとラグを別の場所へ、更にリビングの唯一の大型収納家具(IKEA/EXPEDIT)を窓辺に移動して、そこに並べました。

数少ない「捨てない飾り」、ブリキのサンタクロースは数年前に雑貨屋さんで買ったもの。

f:id:nekohaus:20151218174037j:plain

季節飾りはあまり持たないようにしていますが、私にとってクリスマスはちょっと特別なので、今は一箱に収まる分だけと決めて持っています。

f:id:nekohaus:20151218174043j:plain

この箱も数年前のものですが…

f:id:nekohaus:20151218174042j:plain

ルピシアの福袋(箱)の紙箱を一度分解、裏返して無地の箱に再構築しました。不便がないのでそのまま使っています。

f:id:nekohaus:20151218174033j:plain

白い家具に、白い壁。つまらない、寂しい、寒々しいというマイナス印象になりがちなスペースですが、雪景色に見立てれば今の季節はちょうど良いのかなと。


クリスマスまであと一週間。当日を待ちながら、数日間かけていただくシュトレンですが、食べ始めは真ん中から切って、くっつけておく。

f:id:nekohaus:20151218174030j:plain f:id:nekohaus:20151218174031j:plain

これで乾燥を防げるそうです。

去年、初シュトレンを手づくりした時に調べました。得意げにそんなことを触れ回っておきながら、今朝焼いたパンが…

f:id:nekohaus:20151218174044j:plain

まったく膨らみませんでした。発酵の時に気づいていましたが、冬ですね…。


トラコミュ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20151218174040j:plain

早々に何本か抜かれるかな…と様子を見ていたのですが、今のところ大丈夫そうです。持って行かれても負けずに作るので惜しくはありません。

f:id:nekohaus:20151218174041j:plain

朝晩は冷えますが、昼間の木漏れ日に一層幸せを感じられる季節です。