ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

無印良品*キッチンマットのない暮らし

こんばんは、ヤマネコです。

今の家では「布製マット」をできるだけ敷かない暮らしをしています。でもそれにはデメリットもありました。
f:id:nekohaus:20151210181019j:plain

マットなしのメリット
  • 洗濯の手間、洗濯頻度を考える心配が必要ない。
  • 掃除機をかける時(ほぼ毎日)のストレスが少ない。
  • マットの買い換えコストがかからない(大判だと高価)。

掃除洗濯の手間が減る、これだけのメリットでも、ほぼ毎日のことなのでかなり大きい気がします。


マットなしのデメリット
  • 寒い時季は足が冷たい。
  • 水しぶきや食材などが落ちた時、床に水滴(シミ)がついてしまう。気付かず踏んだり、歩いてしまうと大変なことに。

マットがあれば水分や汚れを吸い込んでくれて、それを洗濯機に放り込むだけでいい…「床のカバー」という感覚で、考え方次第ではこちらのほうが楽なのかもしれません。

ただ、うちは猫の毛もマットにくっついてしまうため、マットを完璧にキレイにしないと、料理する場所に敷くのはかえって不衛生という印象がありました(洗濯後も残ってしまった猫の毛は、乾くと宙に舞います…)。


デメリットの解決方法

寒さは、スリッパや靴下で解決します。床の素材にもよると思いますが、我が家ではもともと「素足」でフローリングは歩きません。夏場は気持ちがいいのですが、足の裏の皮脂などがフローリングやワックスを傷める原因になるそうで、床を保護する目的でも通年「室内履き」を愛用しています。

水しぶきが飛んだ時は…

f:id:nekohaus:20151210181015j:plain

フローリングモップでサッと拭くことにしたら、解決しました。


フローリングモップの収納場所

このモップの定位置は冷蔵庫の横です。

f:id:nekohaus:20151210181017j:plain

跡が残らない、繰り返し使えるパイプホルダーを貼り付けて…

f:id:nekohaus:20151210181018j:plain

柄を押し込むだけ。しっかりホールドされるのに、着脱は楽々。見た目はこのとおりオシャレではないものの、うちは冷蔵庫の陰なので気になりません。

また、トイレブラシを吊るしたのと同じ感覚で、床置きのモップスタンドもいらなくなりました。

以前は、キッチンから離れた納戸にモップは収納していました。でも「すぐに必要」と感じる機会が料理中に多かったため、定位置を移動。これは我が家にとっては正解だったと思います。


キッチンにモップを置く・使うメリット

モップは埃を舞い上がらせることのない掃除道具なので、あまり抵抗なくキッチン(の隅っこ)に置けました。

  • 汚したら、すぐに拭ける。
  • 火元を離れられない時も問題なし。
  • ウエスを無駄にしたり、雑巾の置き場に困る心配がない。
  • 立ったまま一連の作業(出す・使う・しまう)ができるので楽。
  • 静か・電源いらずで、時間帯を選ばず使える。

盛大に床を汚した時には力不足ですが、日常的にちょこっと汚した時には十分活躍。私は早朝に台所しごとをすることが多いので、そういう時間帯は本当に助かります。

f:id:nekohaus:20151210181016j:plain

ちょっと大きめのマイクロファイバークロスを装着しておけば、スキマにも入り込んでくれるので、狭い場所は掃除機よりも得意。


自分にとってのメリットの大きさで判断

恥ずかしながら…うっかり者なので床はよく汚します。特に調理中は、何かと水滴などを飛ばします。その都度拭くのは面倒なので「後でまとめて」と思った矢先、うっかり踏んで、(そういう時ほど油だったり、ソースだったりして)そのまま歩いて…時々床を拭きながら軽く落ち込んでいたのですが、「モップでサッと」で解決しました。

前述のとおり「洗濯機に放り込むだけ」が楽な方もいれば、マットのない殺風景さが苦手な方もいらっしゃる筈。うちの場合は猫と暮らす+完全に実用性重視だったので、マットを敷く以外の解決方法に辿り着いて良かったと思います。


トラコミュ。


本日の猫は…

f:id:nekohaus:20151210181011j:plain

イス…

f:id:nekohaus:20151210181012j:plain

イスイス…

f:id:nekohaus:20151210181013j:plain

イスイスイスイスー!!!!

f:id:nekohaus:20151210181010j:plain

ふー。

冷静に観察していたら「…大丈夫かな…?」と思うほど、(ずっとリビングに置いてある)椅子の脚に興奮していました。