読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

寝室に置くことにした袋と、入れたもの。

こんばんは、ヤマネコです。

先月購入した無印良品の割烹着に、同じ素材の巾着がついていました。それを「寝室用」として使うことにしました。

f:id:nekohaus:20151206223649j:plain

割烹着を購入したのは、先日の良品週間。

日々活躍しています。これに付属していたのが、今回の巾着。

実は、同じ割烹着を使われているブロ友ひじきさんに「巾着はどうしました?」と訊かれるまで、存在を忘れていました…。そういうものはサクッと処分するのが良いのかなと思ったのですが、今回はすぐに用途を思いついたので活用することに。

それが、寝室に置く「非常用小物入れ」です。


非常時に持ち出す、最低限の手荷物。

就寝中に大災害に見舞われ、身ひとつで窓から飛び出すくらいの緊急時、とりあえずつかんで逃げるものを入れました。

f:id:nekohaus:20151206224510j:plain

写真に全部は写っていませんが…

  • ホイッスル
  • マスク(就寝中も着用)
  • メガネ
  • 水(ペットボトル)
  • 小分けしたワセリン
  • 猫のおもちゃ(怯える猫に対応するため)
  • 家の鍵
  • 身分証(家族・猫の写真)
  • 携帯電話
  • メモ用紙(付箋)・油性ペン(肌にも書けるペン)
  • 電子書籍リーダー(緊急時マニュアルを入れた)

など。普段、必須ではないけれど「ベッドまわり」で使えそうなアイテムを中心に、緊急時にも役立ちそうな手荷物リストになりました。


巾着にまとめた理由は…
  • 寝起きでも、つかんで持ち出しやすい。
  • 寝る時だけ枕元へ=日中の掃除洗濯時は邪魔にならない。
  • 普段からバッグインバッグとしても使える。

そして何より、「北欧、暮らしの道具店」で、ゆるりまいさんが書かれていたコラムがキッカケ。

hokuohkurashi.com

この記事を拝読した時、取り入れたい!と思ったのですが、あいにく「空いている巾着(ポーチ)」などを持っておらず…そのまましばらく忘れていたのを、割烹着巾着を見て思い出したのでした。


非常用グッズは、思い立った時に見直す。

東北の震災以後、毎年3月と9月、そして毎月11日頃、「なんとなく見直す」が暮らしに定着しています。でもこういう性質のものなので、気づいた時にやっておくのも良いことだと思っています。

今回はコラムを読んで、巾着を手に入れ、ブロ友さんにご指摘頂いたのが自然な流れに。しかも今回の見直しで「ホイッスルが錆びていること」に気づいて買い換えました(家族人数分)。

錆びてしまったのは、数年前に100円ショップで買ったホイッスルだったのですが、音が出しにくかったこともあり、今回は備えている折りたたみヘルメットと同じメーカー品から。

来年に持ち越すことなく見直せ、良い機会になりました。


トラコミュ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20151206223646j:plain

先月の、大掃除前半戦以降、脚立がキャットタワーになったまま。しまいたい気持ちもありますが、毎日誰かしら登っているのでこういう活用方法もありかな…と思っています。