ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

制服化その後、服が足りなくなった日。

こんばんは、ヤマネコです。

この秋のワンマイルウェアは四着と決めて生活していますが、先日、ちょっと足りなくなりました。

f:id:nekohaus:20151118195436j:plain
※関係ない画像からですみません。干し芋手づくり、継続中。


衣類を洗濯しない日。

この季節の我が家には週に一回くらい「衣類を洗濯しない日」があります。というのは、あまり洗濯物が溜まっていないな…と感じる日に「寝具の洗濯」に時間と物干しスペースを譲るから。

寝具を洗う日、衣類は保留。カゴに溜めっぱなしです。

それでもワンマイルウェアは四着あれば、問題なく過ごせていました。

※私のワンマイルウェア=家着・近所着・寝間着を兼ねます。


大掃除で、着替える。

その前日、ちょうど寝具を洗濯。つまり四着(実際には重ね着などするので、四組)あるワンマイルウェアの一着が、洗われないまま洗濯カゴに入っていました。それなのに掃除で汚れてしまい日中着替えたため、二着目も洗濯カゴへ入れ、三着目に袖を通しました。

そしてその晩の入浴時、三着目のワンマイルウェアを脱ぎ、カゴに入っていた二着と一緒に洗濯。その時点で着ていたのは四着目のワンマイルウェア。

  • ワンマイルウェアは、全部で四着。
  • 内、三着を洗濯へ。
  • 最後の一着(四着目)を、着用。

我が家では夜のうちに洗濯物を洗い、室内干しで除湿器などを使って乾かしてしまうので、翌日の入浴時までには三着すべて乾いているはずでした。


服が足りなくなった日。

そして翌日…と言っても、深夜三時頃。

もそもそと起き出した私が煮込み始めたのが、無計画のトマトソース。着ているのは四着しかないワンマイルウェアの、四着目。そしてよりにもよって、割烹着も洗濯中(大掃除の後なので)でした。

ふと、コトコト煮立っているソースをかき混ぜようとシリコンヘラをくるりと動かしたら、その先端が思いの外しなやかにたわみ、反動でトマトソースが胸元に、勢いよく、びちゃっ。

f:id:nekohaus:20151118195439j:plain

繰り返しますが、ワンマイルウェアは四着持っており、その時は三着分を洗濯中で、着ていたのは四着目。

f:id:nekohaus:20151118195438j:plain

あっ、となりました。


トマトのシミは、早めに落としましょう。

厳密にいえば、私はタウンウェア(よそ行きの服)は別途持っているので、完全に着るものがないというわけではありませんでした。でもその日も大掃除の続きをするつもりだったので、なんとなく抵抗が…。

ぐだぐだ考えながらも、そのトマト暴発(?)はまだ前夜の洗濯物が乾ききっていない早朝の話。仕方なく半乾きのワンマイルウェアを身にまとい、脱いだ四着目からトマトのシミを落とす作業にいそしみました。


ちなみにトマトのシミは、ついて数分後、乾ききっていない程度の汚れだったため、石鹸(アルカリ性)でのもみ洗いで簡単に落とせました。


※私はマジックソープを使いましたが、一般的な固形石鹸で良いと思います。


「汚れてもいい服」は、時として必要。

以前、どこかのブログで「汚れてもいい服(=劣化した服)は必要ない」と読んで共感した記憶があるのですが、それは「汚れてもいい服をルームウェアに(日常的に着用)しない」という理想の話であって、非日常である大掃除の時は、予備として持っていても良いような気がします。

少なくともオッチョコチョイな自覚がある上で、カレーやトマトソースを煮込む時は、濃い色の服かエプロン、或いは「汚れてもいい服」の着用をオススメします。


トラコミュ。


仕事部屋(基本、猫は立ち入り禁止)に一猫だけ入室させているのですが、落ち着かずにうろうろしていたので、今年も床にホットマット(一人用電気カーペット)を敷きました。

f:id:nekohaus:20151118195437j:plain

もう1~2ヶ月したら、マットごと猫を抱っこしながら仕事をします。