ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

ファミリーサイズの冷蔵庫、移動と掃除。

こんばんは、ヤマネコです。

今日からキッチンの大掃除。起きたら雨だったので、水洗いの多い換気扇より、拭き掃除メインの冷蔵庫かな…とマイペースにスタートしました。

f:id:nekohaus:20151109174853j:plain

我が家の冷蔵庫は、家族人数に合った一般的なファミリーサイズ。冷蔵庫は小型になると消費電力が上がる場合があるそうで(年間で数千円の差※使い方次第)、電気代のバランスを考えて選びました。

  • 上段…冷蔵室
  • 中段…冷凍室
  • 下段…野菜室

本体を移動しての掃除は、真夏を避けて年2~3回。本体上、扉、内側は、煮物やオーブンで焼き料理するスキマ時間を使って、こまめに拭いています。


まずは中身を出す。

うちの野菜室、開けたところから時間との勝負。

f:id:nekohaus:20151109174852j:plain

左側のケースは、主にパンや菓子の材料。右側には100円ショップで購入したカゴを2個。野菜を立てて収めています。

ケース・引出し枠ごと一時撤去。

f:id:nekohaus:20151109174851j:plain

内側を拭いたら、空のまま扉(枠)は閉めておきます。

冷凍室(中段)も同じことの繰り返し。
冷蔵室(上段)にも大量に入っていたら、中身を出しておきます。

ついでに扉についているパッキンをしっかり拭きました。


冷蔵庫(2011年購入日立製)本体を移動。

まずは土台の前カバーを手前に引いて外します。

f:id:nekohaus:20151109174847j:plain

両サイドにあるネジ式の脚を時計の針と逆の方向に回転。

f:id:nekohaus:20151109181054j:plain

キャスターがついているので、あとは手前に引くだけ(床傷注意)。

f:id:nekohaus:20151109174849j:plain

罫線の部分に収まっていた冷蔵庫が手前に移動しました。


床と壁の掃除。

私が子供の頃、冷蔵庫裏の壁は真っ黒になる…という印象でした。最近の冷蔵庫にその心配はないのかな?と思いますが、それでも埃っぽくなっているので、本体裏側(横・上)、壁、床、と順に拭いていきます。

f:id:nekohaus:20151109174850j:plain

ここでもマイクロファイバークロスを装着したモップが活躍(+手作業)。旧宅ではコンロとの位置関係だったのか、冷蔵庫も油っぽくべたつきを感じることがありましたが、今は乾拭きで落ちる埃が主な汚れ。

それからコンセントプラグの埃もチェックして、必要ならお手入れしてから元の位置に移動。更に出しておいた引出しを整理(必要なら拭き掃除)して元に戻します。


今回使った道具。
  • マイクロファイバークロス(主に乾拭き)
  • アルコールスプレー
  • ウエス(スプレーとセットで)

油っぽい汚れなどがあればセスキスプレー(常備)を使う予定でした。

冷蔵庫の内側は、食材が減ったタイミング、気になった時にその都度掃除しています。大掃除という感覚ではあまり時間をかけていません。でもクリスマスケーキや御節の事前準備で一段落した頃に、改めて拭き掃除してみようかなと思っています。

今回は年末年始「よろしく頼む」の挨拶をした感覚で、完了です。


トラコミュ。


本日の猫と、朝の空。

f:id:nekohaus:20151109174844j:plain

雨が上がったかな?と思った6時頃。結局明るさを感じたのはその時間帯だけで、あとはどんよりの一日でした。

f:id:nekohaus:20151109174845j:plain

なんとなく下ばかり見て暮らしてしまうのですが、いつも上を見上げさせてくれるのは猫のような気がします。  

f:id:nekohaus:20151109174846j:plain

本日、ブログ村の「猫のいる暮らし」カテゴリーを抜けさせて頂きました。アクセスくださった方、ありがとうございました。


当記事に言及・リンクして頂きました(後日追記)。

montaro822.hatenablog.com