読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

おかずにもう一品、ピクルス始めました。

こんばんは、ヤマネコです。

漬物があると「おかずにもう一品」という時にとても重宝するのですが、なかなか手作りに踏み出せず。ちょっと違うアプローチですが、一ヶ月ほど前からピクルスを取り入れました。

f:id:nekohaus:20151018201211j:plain

写真は、うちのとことん茶色い常備菜。しかもちょっと持って行かれた後です。いつもこういう派手さのない色合いになってしまいます。

一応フォローしますと、皿に盛り付ける時は生野菜の色などが加わるのでもうすこしマシになります…。


和風の漬物の代わりに、洋風で。

今年の夏は、多くのブロ友さんが「ぬか床デビュー」をされていて、いいなぁと思っていました。自家製ぬか漬け、魅力的!

でも我が家の食生活から考えると消費ペースが追いつかず、漬物が余ってしまうかも…という不安から挑戦することができませんでした。

そこで、洋風の漬物「ピクルス」を作ってみることに。


ピクルスとは?

ピクルス (pickles) は漬物のこと。ただし日本では、主に欧米風のものを指し、日本風の漬物やキムチ、ザーサイなどはピクルスとは呼ばない。
(中略)
代表的なピクルスは、塩漬けにしたキュウリなどの野菜を、酢、砂糖などからなる漬け液につけ込んだもの。
ピクルス - Wikipediaより

本来は日本風の漬物のような「発酵食品」ですが、お酢を主体とした「ピクルス液」を使うことで、発酵を省略できるレシピが多数ありました。


うちの基本のピクルス液。
  • 酢…100cc
  • 出汁・或いは水(水分)…50cc
  • 砂糖…25~50g
  • 塩…小さじ半分
  • みりん…大さじ1

一度全部鍋に入れて弱火にかけ、砂糖や塩が完全に溶けたら(煮立たせる必要はなし※レンチンでも良いと思います)野菜などを入れた瓶に注いでいます。

基本の材料は、愛用の「千鳥酢」公式サイトを参考にさせて頂きました。

chidorisu.co.jp

ただし、だいぶ調味料を省略し、漬ける野菜によっては砂糖を増やしたり、ハーブを加えたり、基本に忠実ではありません(ごめんなさい)。


ちなみに私が使っている昆布出汁は、作り置きの簡単出汁です。


うちのピクルス。

冒頭の写真の、左端に写っているのがピクルスでした。

f:id:nekohaus:20151018201213j:plain

今回漬けているのは「豆」です。

冷凍ストックしてある水煮の豆を自然解凍させ、ピクルス液に浸してきゅうりなどの野菜なら一時間以上、豆だと一日以上置いてから頂きます。乾物から戻したばかりの水煮豆より、一度冷凍させたほうが味がしみ込みやすい気がしました。

ちなみに常備菜を作った後の冷蔵庫の様子がこちらです。
(ピクルスはしばらく常温放置)

f:id:nekohaus:20151018201212j:plain
※上段は製菓用(+空段)、中段は常備菜とヨーグルト、下段は当日用ごはん・卵・味噌。

せっかく容器を白で統一しても、この雑多感から抜け出せません…入れ方のせいか、書き文字のせいか…ペンはこちらです(落とせます)。


ピクルスの良いところ。
  • ピクルス液は作り置きの必要がない。
  • ピクルス液は常備している調味料だけで作れる。
  • 野菜でも、豆でも、色々なものを漬けられる。
  • さっぱり系のおかずが一品増やせる。
  • そのままサラダ用ドレッシングも兼ねる。

作ってすぐ食べられるものではないので(味がしみ込まないので)、それがデメリットかもしれません。でも和風の漬物と同じく「常備菜向き」かなと思いました。


…そうは言っても、やっぱりぬか漬けが食べたくなることが私にはあります。同じ「漬物」というカテゴリーにあっても、全然違うものですね。今は管理と消費のバランスが上手く想像できないので、ぬか漬けは食べたくなった時に買うことに(近隣に手作り漬物の販売所があります)。

ぬか床は、いつか持ってみたい床!時々お見掛けするぬか床情報を参考にしつつ、ひとまず洋風漬物を常備菜に加える日々が続いています。


トラコミュ。


こちらも参考にしています。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20151018201214j:plain

羽交い絞めにして舐めてあげる子が居たり。

f:id:nekohaus:20151018201216j:plain

暗がりで物思いにふける子が居たり。

f:id:nekohaus:20151018201215j:plain

行き倒れのように寝る子が居たり。
今日は一日ポカポカで、過ごしやすい秋を満喫しました。