読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

下着も定番化、2016年用を決めました。

こんばんは、ヤマネコです。

この時期「下着選び」に迷走することが、私の年間スケジュールに組み込まれています。昨年はちょっと失敗があったので、今年は慎重に試着をして決めました。

※今回の記事は、最後まで女性用下着の話題になります。

f:id:nekohaus:20151015182511j:plain
※関係ない写真から…まだ色づかないクリスマスホーリー。

試着と言っても、お店で数分間穿いただけではわからないことが多いので、気になる各メーカー品を一枚ずつ買ってみて、一ヶ月ほど試して選びました。来年快適に過ごすための投資のような気持ちで調査。

メーカーだけのご報告ですが、グンゼのショーツに決定です。

そのものズバリは載せがたいのですが、股上浅めの立体ショーツにしました(バナーの写真とは違う製品です)。


グンゼに決めた理由。

  1. 着用感(サイズ・フィット感)が自分に合う。
  2. デザイン・素材が好み(飾り少な目・高耐久性)。
  3. 定番化しやすい色柄(上下同じものを複数持って制服化したい*1)。
  4. 一枚1000円以下(年間五枚で、新年に総入替えがマイルール)。
  5. リピ入手可能か?(翌年以降の参考に)

…などがチェックポイントでした。

年間で五枚というのは、「一般的な下着の耐久性が90回洗濯(毎日同じものを穿いて洗濯した場合、約三ヶ月)」という情報を参考に、年間最低四枚。シャワーや着替えが増える日もあるため、プラス一枚で「計五枚」としました。

念のため書きますが…今回選んだ下着では何の勝負(?)もしないし、普段用です。「コスパ」を考えた時点で、高級下着という選択肢は除外しました。


着用感・デザイン・素材。

下着類は素材で選ぶ方が多い印象ですが、私はどちらかと言えば形を含めた装着感のほうが大事です。私の動きについてこられるか(?)とか、レースなどの飾りや縫い目は最小限がいいなとか、恥ずかしながら食い込まないか…とか、逆に緩くないかとか。

色々試した中で、「締め付けないショーツ」は時間が経つと緩さなどが落ち着かなくなり、逆に「フィットするショーツ」は座り方や動き方によって違和感があることも多いのですが、そんな中での着用感はグンゼがダントツ。こんなに違うのか…!と驚きました。

私の肌質・体型・骨格・暮らし方に基づいた感想です。


色。

前述のとおり、年間5セットで「同柄・同色」の定番化をします。

  • ブラ・カップ付きインナー…あわせて5点
  • ショーツ…5点

人目に触れるカップ付きインナーは違う色柄でも良いのですが、あくまで「下着」になるブラとショーツは統一し、組み合わせに迷わないようにしました。月経カップユーザーですが、別途サニタリーショーツなどは持ちません。

色々無頓着な割に、上下の下着は同じ色柄で揃えたい派です。ただし「無地で同じ色」であれば、ブラとショーツは他メーカー品でも気にしません。


手に入れやすさ。

「毎年五枚・毎年交換」を基本にしています。そんな私の感覚で、ショーツの上限価格は1000円くらい。勿論もっと安くてもいいし、定価自体はもっと高くても可。ちなみに試着用は夏のセールに便乗して手に入れたので、一枚300~1000円の品を選び、グンゼはセールで600円くらいでした。

そして以前触れましたが、理想は「リピのしやすさ=下着メーカー品」。新商品との入替えで同じ製品が買えなくなったとしても、同じメーカー品からチェックできれば、一から検討を始めるより余裕が生まれます。


洗濯タグ。

無印良品の下着で絶賛していた「洗濯表示の印刷」、グンゼも比較的新しい商品は「別布のタグ」ではなく「印刷」が多い印象。一部の品(旧製品?)にはタグ付きも見かけました。

この話題でお名前を出して良いか迷ったのですが…ブログ「魔法使いのシンプルライフ」のエリサさんから、コメントで「ユニクロのショーツも印刷に変わっている」と教えて頂きました!ありがとうございます!

他にもワコールやセシールなど、各社ちょっとずつ「洗濯タグなし(印刷へ)」が増えているのかな?と。頻繁に確認するわけではありませんが、個人的には嬉しいです^^


日本製でした。

個人的に、高級下着を選ぶわけでもないし、他国製でも気にしません(今回試した中でも、私にはイマイチ…と思う国産下着がありました)。

でもグンゼの製品の多くが(一部を除き)日本製のようで、縫製などに安心感を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。


フィット感で、ほぼ決まり。

見た目と価格は最初にチェック。その上で選んだ数枚を一ヶ月ローテーションしながら試着して、普段どおりに過ごしてみた結果、ほとんど迷うことなくグンゼに決まりました。だからタグの有無や製造地は、結果的な幸運。

個人差があるものなので「このメーカーが最高!」とは言い切れませんが、「通常の生活をしながら試着」というのは良い経験になったと思います。「このメーカーの○○が私に合わない」とか「デスクワーク中はこのデザインが苦手」といった相性なども見えてきました。

結果的にすごく良い選択ができ、これは来年以降にもつなげられそう。私にとっての下着選びはこの時期の恒例行事なのですが、来年は、これまでよりも快適な下着で過ごせるのではないかと思います。


トラコミュ。


こちらも参考になります。


本日の猫と、じゃらし。

f:id:nekohaus:20151015182508j:plain

子猫時代は見境なく飛びついてきたのですが、最近はそれでは捕らえられない(私が動かす)と分かっているので、慎重に狙っています。

f:id:nekohaus:20151015182506j:plain

でも慎重すぎて、こちらもちょっと疲れます…。

*1:上下色柄統一の下着ルールを、勝手に綾波式と呼んでいます(アニメの登場人物に由来)。