ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

追記:女性の戦闘服を購入、着てみました。

こんばんは、ヤマネコです。

ずっと迷っていた一枚を、先日購入しました。

f:id:nekohaus:20150922201549j:plain

これは「服」ではありません。

二週間ほど前に、秋服は買わない宣言をしました。

タイトルには「服」とありますが、今回購入したのは…

f:id:nekohaus:20150922201545j:plain

割烹着(和装用)です。


はじめての割烹着。

ずっとエプロンの購入(或いは手作り)を迷っていたのですが、大好きなブロ友さんに割烹着の良さを教えて頂いてから気になって気になって…一枚買ってみることにしました。着用自体が初めてなので(本物をじっくり観察したこともないので)、まずは既製品から挑戦です。

そして着てみました。

f:id:nekohaus:20150922201546j:plain

なんというか…給食の……ですね。


「和装用」割烹着とは?

和装用割烹着の場合、着物の袖を収めるため、ドルマンスリーブのようになっているそうです。私は時々和装もするので「兼用」の感覚で決めました。着用してみて気づいたのですが、もしかしたら帯が収まる(避ける?)分、胴回りもゆったり作られているかもしれません。


※アイロン不要のものを選びました。


短いながら、エプロン遍歴。

今年はエプロンを手作りしようと思った矢先、フリフリエプロン(メイドさん風)を頂きました。正直可愛すぎて人前には出られず…。

その後ギャルソンエプロン(フェイスタオルに紐をつけただけの手作り)に挑戦したのですが、背が低い&カウンターが高いというバランスの悪さからエプロンとして用を成さず(上半身が汚れる)…残念な結果に。

そして今回、割烹着にたどり着きました。

そんな割烹着を教えてくださったのは、いつもあったかい気持ちを分けてくださるブロ友のひじきさん。割烹着を着て、ひじきさんのようなお料理上手のステキな女性を目指します!


割烹着のいいところ。
  • 私が持っていたエプロンより紐が少ない。
  • ガード範囲が広い。
  • あったかい。

「あったかい」は、割烹着を薦めてくださったひじきさんが熱弁されていたのですが、本当だ!と納得でした。冬場、一枚上着を羽織る感覚で割烹着を着てしまいそう。家に居る間は脱がなくてもよさそうです。

衛生面を気にされて「料理中以外は着けない」という方も少なからずいらっしゃるようでしたが、私はもともとエプロンなしで掃除も料理もしていたので気になりません。


「戦闘服」について。

普段の家事、私は戦っている気持ちはないのですが、エプロンを検索していた際に「戦闘服」というキーワードが何度も引っかかりました。特に割烹着は「強いお母さん」なイメージがあります。

f:id:nekohaus:20150922201547j:plain

でも私の中で、エプロンや割烹着は「家事をする女性の格を上げるアイテム」のような気がしています。私の格がそんなに簡単に上がったかは別の話ですが…ひじきさんが「着用するとヨシッと気持ちが引き締まる」とおっしゃっていたのには納得でした。

※記事アップ後、お名前の掲載許可を頂いたら追記します。
翌日、頂きました!ひじきさん、ありがとうございました!

※2015/10/15現在、ひじきさんのブログは限定公開のため、リンクは外させて頂きました。


ちなみに、「割烹着ですか?!」と思う割烹着もあって迷いました…。

割烹着でさえ、ワンマイルウェアとして違和感なさそう。


その下のワンピース。

ついでです。

f:id:nekohaus:20150922201544j:plain

以前記事にした、友人からもらったワンピース。指さしているのは上下の切り替え位置(ウエストライン)です。

骨格(自己)診断ナチュラルから考えると、ウエストラインがすこし高めなのですが、同じ色・生地なので、ちょっと離れるとただのAラインに見えます。

この夏「外出と言えばコレ!」というくらいよく着ていたのですが、今秋ワンマイルウェアとしても活躍中。格下げ…とも言えますが、「用途を広げた」感覚で、すごく快適な一枚です^^


今日の黒いおやつ。

f:id:nekohaus:20150922201541j:plain

相変わらずの渋皮煮。その煮汁で煮込んでみた、さつま芋。

f:id:nekohaus:20150922201540j:plain

カフェオレにはココナッツオイルを垂らしました。
(ラテと書いていましたが、オレかも?と…ここもプチ修正です)


ところで私は「おばさん」とはあまり呼ばれたくないのですが(通らねばならない道だけれど…)、「おばあちゃん」と呼ばれることには憧れを抱いています。

私の祖父母は皆他界しており、今会うことは叶いませんが、記憶の中ではとても丁寧な手仕事をする人たちでした。昔はただ「大好き」な気持ちだけだったけれど、今は「尊敬」もしています。あんな風に年を重ねられたらいいなと思いながら、この秋彼岸中に栗ごはんとおはぎを作ります。


トラコミュ。


本日の猫。

f:id:nekohaus:20150922201542j:plain

家族の私室に隔離中の子(※睨まれていますが、うちの子です)。