ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

作り置きの、シンプル出汁。

こんばんは、ヤマネコです。

先日注文した利尻昆布が届いたので、今週からまた昆布出汁をとり始めました。一ヶ月ほど顆粒の和風出汁を使っていて、それもお手軽でよかったのですが、やっぱり私は昆布出汁が好きかなと…久々に実感しています。

購入したのは天然の利尻昆布で、以前より大袋のものにしました。

訳あり 尾道の昆布問屋 天然利尻昆布カット品 700g

訳あり 尾道の昆布問屋 天然利尻昆布カット品 700g

私は楽天内(同じショップ)で購入。

利尻昆布は高いですが、こちらはふぞろいな分、手頃で嬉しいたっぷりな量で、毎日の汁物、煮物などに惜しみなく使えます。

700g袋なので、20gずつ使えば35回分(10gずつなら70回分)。ボトルでの作り置きであれば、一回分=数日間使えることも。


我が家の昆布出汁。

鰹節などと合わせ出汁にすることもありますが、基本は水出し。
液体出汁として、冷蔵庫にストックしておきます。


乾物のまま保管する時。
  1. 表面を軽く拭く(自然乾燥中についた砂などを落とす程度/洗わない)。
  2. 1×5cm角くらい(自分で使い易いサイズ)に切る。
  3. 密閉し、冷暗所保存。

煮出す時は、この昆布を適量、水から火に掛けて出汁をとります。


出汁を作り置きする時(我が家のメイン)。
  1. 密閉瓶に水を1L、乾燥昆布10~20g(好みで)を入れる。
  2. 一晩(およそ10時間)置く。
  3. 冷蔵庫で保存し、大体一週間くらいで使いきる。

(うちは1~2日で消費するのが常)

f:id:nekohaus:20150313195948j:plain

ほとんど濁ることなく出来上がる出汁は、汁物、煮物などに使えます。

出汁をとった後の昆布にも栄養分が残っているそうなので、そのまま味噌汁の具にしたり、サラダに入れて、無駄なく頂きます。

f:id:nekohaus:20150313195946j:plain

数日間、浸けたままにしておくとヌメリが出るので、早めに昆布だけ出すようにしました。


※夏に麦茶やスポーツドリンクを作っていたボトルを使いまわしています。


※出汁専用のポットもありますが、昆布なら網はなくても大丈夫そうです。


具よりも、出汁のランクを上げて。

最初はめんつゆ(夏のそうめん用)を作るためだけに昆布を買っていたのですが、今はほとんどの和食、時々洋食にも使うようになりました。鰹節やあご出汁なども合わせることがありますが、昆布のみを楽しむことも多いです。

昆布が出汁と具を兼ねた炊き込みご飯や、透明感のある汁物(すまし汁など)、味噌汁(味噌は友人の手仕込品)も昆布出汁だけで仕上がります。

昔は最初にとる「薄い出汁」なんて…有り難味が分からなかったけれど、今は基盤をしっかり作り上げておきたいと思うようになりました。具は特売品でもいいから、出汁は丁寧にとっておきたいなと。


料理に関しては色々試している最中で、時々好みも変わったりしますが、今は昆布出汁が美味しいので、出汁とりジプシーをお休み中です^^


参考にさせて頂いているトラコミュです。


猫をいじめる遊び(ごめん)。

f:id:nekohaus:20150313195800j:plain

食べ物を持ってるよ~。

f:id:nekohaus:20150313195759j:plain

はいっ!(空っぽ)

ちなみに一枚目の猫と二枚目の猫、違う子です(何度もやりました)。
このあと、本当のごはんタイムでした。