ネコハウス

気付けば、生活の中心が猫でした。

週一回、布巾・タオルを重曹で煮洗い。

こんばんは。

愛用している洗濯用洗剤に漂白剤や蛍光剤が入っていないので、タオル類がうっすら黄ばんでくることがあります。そのため定期的に、布巾やタオル、スポンジの煮洗いを実践しています。

後日追記:重曹を使った煮沸方法に切り替えています。


我が家で、煮洗いしているもの。

量が多く、衛生的な知識が足りないので、グループ分けをしました。
(一回の煮沸では、同じグループのものだけを投入)

グループA(週一回)

  • 食器用布巾(無印良品の落ちワタ布巾)
  • キッチンの手拭き用タオル(ハンドタオルサイズ)
  • 食器洗い用スポンジ(セルロース)


グループB(月一回)

  • 入浴後の身体拭き用タオル(フェイスタオルサイズ)
  • トイレ手拭き用タオル(フェイスタオルサイズ)


愛用タオル類が「白~薄茶(色)」ばかりなので、まとめて鍋に入れていますが、特に問題ありませんでした。

実際にはグループC(布ナプなど)もありますが、今回は書き控えます。

スポンサーリンク


煮洗いの準備、自己流。
  • タオル類…熱湯OKな素材のもの(綿・麻・セルロースなど)。
  • 鍋…大き目のもの(火に掛けられるバケツなどでも)。
  • 菜箸・トング…煮沸中にかき混ぜたり、つまみ出したり出来るもの。
  • 熱湯…量は鍋サイズ・タオルの量に合わせて。
  • 重曹…水1Lに対し、大さじ1(様子を見ながら少なめに*1)。


尚、煮洗いの時点で「酸素系漂白剤のみ」を入れる方法はあまり効果的でなく、もったいないように思います。酸素系漂白剤は、粉石鹸の「助剤」としての使用が良いとのこと。

参考:煮洗いの方法 - 石鹸百科


煮洗いの方法、自己流。
  1. 事前に布巾類は洗っておく。
  2. 鍋に対しておよそ半量、熱湯を用意。
  3. 弱火で高温を保ちながら、重曹を溶かす。
  4. 少なめにタオル類を入れる。
  5. 5~10分、時々かき混ぜながらグツグツ。
  6. 火を止めて冷ます、或いは中のタオル類(第二段)を入れ替える。
  7. 煮沸後のタオル類は、冷ましてから軽くもみ洗いして、干す。

色々試しましたが、こんな順番が定着しました。


事前にタオル類は手洗いしておくのが一般的なようですが、私は洗濯機で衣類と一緒に洗った後、煮洗い・乾燥で仕上げています。

お湯の量は、布巾やタオルの量に合わせて、熱湯の中でタオルが踊るくらいが良いように思います。入れ過ぎ・かき混ぜ過ぎると、高温が保ち難くなるので控えめに。

布巾煮沸の「時間」については諸説見聞きしたのですが、私としては最低5分と考えながら煮ています。

毎回ではないのですが、道具(鍋・残り湯)が同じなので、汚れが気になる布巾などがあれば、この後「漂白」も。


好きな作業だなと、気付く。

考え事をしつつ野菜や豆を煮ながら、浮いてきた灰汁を取り除く、という無心に(?)出来る作業が好きです。

布巾も、ボーっとしながら、グツグツ煮ます。

(危ないので、いずれもほどほどに)

頻繁に煮沸するなんて、水道光熱費や時間が勿体無い気もするけれど、楽しんでいるので娯楽費が浮いて、後々の医療費や洗剤代も節約に。

面倒なことが、嫌いじゃなくなり、好きになったら占めたものです。


シンプルな暮らしの知識は、こちらのテーマも参考にしています。


およそ一ヶ月、毎日一個の風船を膨らませて続けています。
小顔効果があったかは分かりません^^;

f:id:nekohaus:20141114215316j:plain

風船は全て猫のおもちゃになっていますが、以前は渡すと数分で割っていたのに、最近は爪を立てずにリフティング(?)する技術を身につけました。

*1:多すぎると泡立ちが膨らみ、大変なことになります。